世界のスマホシェアに大異変「ファーウェイ」トップ5から陥落、国内シェアも3位に後退

中国国内のスマートフォンメーカーのシェア争いは、日本よりもよほどシビアなようだ。なんと、これまで世界のスマホシェアでトップを争っていたファーウェイ(HUAWEI)がトップ5に入ることができず、中国国内市場に限って見ても新興メーカーが台頭してきているのだ。ファーウェイの勢いは弱まってきていると言わざるを得ない。そしてその凋落の裏にはアメリカの存在が深く関わっていると見られており…。今回は、世界のスマホシェアにも大きな影響を与えた一件や、その後に起こり得る影響についてお伝えしていきたい。

ファーウェイ、世界シェアトップ5を守れず

ファーウェイのスマホ展開は世界中に広がっている

 2020年に突如襲ったコロナ禍で、世界のヒト・モノの移動が完全にストップ。世界中の製造業で、他国から入ってくるはずだった部品が調達できず生産計画に大きな影響を与えた。スマホメーカーも無関係とはいかず、世界中で半導体不足に悩まされることになった。
 しかし2020年後半から続々と生産体制が整うように。調査会社・カナリスの発表によると、年間では2019年と比べ7%の減少を余儀なくされたスマホ出荷台数も、10~12月期に限れば前年同期比で2%の減少に留まる回復傾向を示していた。さらに2021年1~3月期は前年同期比27%の増加と大幅に回復。同じく調査会社のIDCによれば、その出荷台数は3億4,600万台にも上ったとされている。

 しかし回復基調の各スマホメーカーの世界シェアで見ると、世界の5G通信網を牽引していた中国・ファーウェイが2021年1~3月期の出荷台数で1,860万台、世界シェア5.3%とトップ5から陥落。2020年には1位となった四半期もあったが、ここ数年続くアメリカからの制裁強化による半導体調達が難航したことが原因と見られている。またファーウェイ自身も重点事業をスマホ以外の分野に移しつつあることも報じられている。

世界のスマホシェアに大異変「ファーウェイ」トップ5から陥落、国内シェアも3位に後退のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAppleHUAWEIiPhoneOPPOVivoシャオミスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。