「アメリカで評判悪い企業」トップ10に日本でもおなじみのSNSがすべてランクイン!?

日本で流行しているSNSといえば、Twitter、Instagram、Facebookの名が挙がる。最近では、若年層を中心にTikTokも人気を高めている。流行に敏感な人の中には、これらすべてのアカウントを持っているというケースも多いだろう。そんな日本のSNSにおける“4強”が、アメリカの大手企業の評判ランキングで見事ワースト10にランク入りしたという。つまり、「評判の悪い企業」として選ばれたのだ。

Facebook・Instagramがワースト3位、TikTokがワースト7位…

(Image:Ascannio / Shutterstock.com)

日本人が大好きなTwitterはワースト8位という結果に

 ニュースサイトのアクシオスと世論調査会社ハリス・ポールが現地時間5月13日に発表したデータによると、アメリカ在住の4万2,935人を対象に調査を行い、アメリカ大手企業の「評判」ランキングを集計。最高の企業としてランキング1位に輝いたのはアウトドアブランドのパタゴニアだった。ほかにも、新型コロナウイルスのワクチン開発に成功したモデルナやファイザーも上位にランクインした。
 一方で、ランキングの下位を確認すると、そこには日本でもおなじみの主要SNSを運営する企業がずらり。Twitterはワースト8位、TikTokはワースト6位、Instagramも傘下にもつFacebookはワースト3位にランクイン。とくにFacebookは2018年に発覚した個人データ不正利用疑惑から、逆風が続いているようだ。

「アメリカで評判悪い企業」トップ10に日本でもおなじみのSNSがすべてランクイン!?のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramSNSTikTokTwitterパタゴニアファイザーモデルナ】の最新ニュースをいち早くお届けします。