メルカリ・メルペイでも個人情報が流出! 問われる企業の情報管理体制

フリマアプリ「メルカリ」やQRコード決済の「メルペイ」で、万単位の顧客情報が流出したという。流出が明らかになっている範囲だけでも、2013年からの振込に関わる情報等が含まれているといい「最近使っていなかったから大丈夫」というわけにもいかないようだ。現時点ではユーザーへの被害は確認されていないというが、改めてデジタル社会のセキュリティの大切さを実感した。今回は、メルカリで起こった情報流出の一件についてお伝えしていきたい。

大手フリマアプリ・メルカリで個人情報等が流出!

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

簡単に取引できる手軽さがヒットしているメルカリ

 株式会社メルカリは、第三者からの不正アクセスによって一部顧客情報が外部に流出したことを確認した、と明らかにした。2013年8月5日~2014年1月20日の売上金の顧客口座への振込に関する情報1万7,085件をはじめ、メルカリとメルペイのユーザー・加盟店情報、さらには従業員の情報等も合計2万7,000件以上が流出したとされる。

 メルカリは5月21日までに追加被害につながる不正アクセス対策を実施し、影響範囲の一次調査についても完了した内容を報告している。また、「本件により流出した情報の対象となる方々へは、本発表と同時に速やかに当社より個別のご案内を実施していく」として、該当者にはメルカリから連絡が届くという。

メルカリ・メルペイでも個人情報が流出! 問われる企業の情報管理体制のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフQRコード決済フリマアプリメルカリメルペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。