テレビ離れが進む「衝撃的なデータ」に研究員も驚き! その納得の理由とは

あなたは、この1週間でどれくらいテレビ番組を観ただろうか。2~3回、もしくは1度も観ていないという人も少なくないだろう。今や、「テレビ番組でしか得られない情報」は存在しない時代となった。スマートフォンさえあれば、ニュースは通勤中にアプリで読めるし、ドラマやバラエティ番組といった娯楽的コンテンツならYouTubeやサブスクリプションサービスに腐るほどある。わざわざテレビをつける必要がない、これが近年進行する“テレビ離れ”である。今回、そんなテレビ離れについて新たなデータが発表され、10~20代の約半数が「ほぼテレビを観ていない」ことが明らかになった。

テレビ離れが深刻化…研究員も「衝撃的なデータ」と驚き

もはやテレビは必要不可欠なものではない?若者のほぼ半数がテレビを視聴していないという結果が判明

 NHK放送文化研究所が20日に発表した国民生活時間調査によると、平日にテレビを15分以上視聴した人の割合は、10~15歳56%、16~19歳47%、20代51%、30代63%、40代68%だったという。ちなみに50代は83%、60代は94%、70歳以上95%とシニア層は視聴している人の割合が高め。インターネットを使いこなせる若者ほど、着実にテレビから離れていることがあらためて明らかになった。
 これについて、NHK放送文化研究所の渡辺洋子研究員は「衝撃的なデータ。若年層にとってテレビは毎日見る『日常メディア』ではなくなってしまったために減少幅が大きくなった」とコメント。しかし、これは本当に「衝撃的データ」なのだろうか。テレビの特性を考えれば、現代において当然の結果なのではないだろうか。

テレビ離れが進む「衝撃的なデータ」に研究員も驚き! その納得の理由とはのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフTVYouTube】の最新ニュースをいち早くお届けします。