スマホ料金世界6都市比較!「日本は2番目に安い」ってその数字、本当?

国際的にも高かった東京の携帯電話料金が、ロンドンに次ぐ安さになったと総務省が発表した。とはいうものの発表の中身を見てみると、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ(ドイツ)、ソウルの各都市でシェア1位の事業者(東京はNTTドコモ)での比較で、実際に支払っている金額の平均値ではなく、各社が提供している月間データ容量20GBのプラン比較である。つまり値下げ要請により誕生した「ahamo」のプラン料金での比較であり、政府は自らの手柄をアピールしようと躍起になっているようだ。

ドコモの新プラン・ahamoでの比較。実態とは大きく乖離

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

ahamoの契約件数は100万件を超えたばかり。まだまだ普及しているとは言い難い

 発表された携帯電話料金の国際比較によると、東京は8,175円から2,973円と前年と比べて5,202円の値下がり。ロンドンは2,166円と最安値で、パリ3,839円、ソウル5,712円、ニューヨーク7,994円、デュッセルドルフ8,325円と続く。しかしこれは各社が提示しているプランの金額であり、実態ではない。
 ahamoは有料の店頭サポートをスタートしたものの、オンラインでの手続きが基本であり、自らのデジタルリテラシーに自信がない高齢者などは、依然として高額のメインブランドを使い続けている人も多いだろう。武田総務相は閣議後の記者会見で「今春から各社が低廉なプランの提供を開始し、競争が活性化している。料金水準は諸外国と比べても遜色なく、条件によっては国際的にみて安い水準となっている」と発言しているが、携帯電話への平均支払金額や通話料金については言及していない。はたしてそれは“料金水準”といえるのだろうか。

スマホ料金世界6都市比較!「日本は2番目に安い」ってその数字、本当?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauNTTドコモスマホソフトバンク楽天モバイル総務省】の最新ニュースをいち早くお届けします。