レストラン・ブランド認知度ランキング、3位スシロー、2位すき家、納得のトップ1位は?

株式会社RJCリサーチが、日本全国の13~59歳男女のLINEユーザーを対象に、コロナ禍で休業、時短営業等大きな影響を受けたレストランチェーンのブランド浸透度調査を行った。調査期間は2021年3月23日~25日で有効回答は4,410名であった。その結果、最も認知度が高かったレストランは 「ガスト」と「すき家」で、最も過去利用経験の多かったレストランはガストという結果が出た。

店舗数が多いほどよく知られ、よく利用されるという結果に

(Image:rjc.co.jp)

認知度はブランドの出店店舗数が多い地域で高くなる傾向だ(RJCリサーチ調べ)

 今回の調査では、「スシロー」「吉野家」「びっくりドンキー」「サイゼリヤ」など、読者の方々も知る人が多いであろう有名な20ブランドを対象に調査が行われた。認知度の高さは20ブランド中半数以上が認知度90%以上を獲得していて、認知の高さはほぼ横ばいとなった。その中でも、トップを獲得したのはガストとすき家で、同率94.2%でトップだった。ありとあらゆる都道府県の主要な街で店舗を見かけないことがないブランドということもあり、納得の認知度トップと言えるだろう。
 一方、「木曽路」と「天丼てんや」は認知度が50%を下回る結果に。木曽路は近畿地方や関東地方では50%以上、天丼てんやは首都圏で70%以上と、それぞれ出店に力を入れている地域ではそれなりの認知度を獲得している。
 レストランの過去利用経験でも、88.9%で「ガスト」がトップに輝き、ついで「丸亀製麺」82.7%となった。認知度と同様、店舗数が多い地域では過去利用経験が多くなる傾向にあるようだ。それが顕著に現れたのは「幸楽苑」だった。全体では40.3%なのに対して、出店の多い東北地方では86.3%となった。

レストラン・ブランド認知度ランキング、3位スシロー、2位すき家、納得のトップ1位は?のページです。オトナライフは、【グルメガストくら寿司すき家スシローびっくりドンキー丸亀製麺吉野家餃子の王将】の最新ニュースをいち早くお届けします。