「食べ残し」に罰金刑? 中国で可決された「反食品浪費法」ってなに?

中国で「反食品浪費法」と呼ばれる法案が可決された。日本と海外では当然ながら感覚が異なり、食べ物の量もそのひとつ。今後、ふたたび海外旅行で中国に行けるようになっても、調子に乗って頼みすぎたり、何かわからないメニューを興味本位で頼んだりすると食べきれずに罰金を払うはめになるかもしれないので気をつけよう。ただ食品ロスは日本を含む世界的な問題だ。同じように罰金刑が作られてはかなわないので、食べ物のムダを減らす努力をしていこう。

食べ残し文化を捨て、食糧問題に向き合う中国

中国料理は驚くほど大盛りであることもしばしば

 4月29日まで開催されていた中国の全国人民代表大会で、食べ残しを禁止する反食品浪費法が可決された。この法律により、店側が食べ残した客に対して費用を請求できるようになり、逆に大量注文させた店側にも最高で16万円の罰金が科されるようになった。また、現在日本でもYouTubeなどで人気を博している“大食い動画”も、中国国内では禁止の対象に。違反した個人や団体には最高160万円あまりの罰金となるようだ。

 いわゆる“食べ残し法案”は、食品ロスを減らすための取り組みだ。しかし「食事を残さない」ことが美徳である日本とは反対に、中国には「出された食べ物を残すことは、満腹になった証拠」とする文化がある。現地のレストランのみならず日本の中国料理店でも、出される品がことごとく大盛りであることには文化的な背景もあるのだ。その食文化を差し置いて、中国は法案を可決した。そこには世界最大の食料廃棄国であるという汚名を払拭したい思惑があるのだろう。

「食べ残し」に罰金刑? 中国で可決された「反食品浪費法」ってなに?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ中国反食品浪費法食べ残し食品ロス】の最新ニュースをいち早くお届けします。