YouTube全動画に強制的に広告が!? YouTuberと名乗れるステータスは保たれるのか?

動画配信サイト最大手のYouTubeは、6月1日から利用規約を変更すると発表した。その変更によると、今後はYouTuberのような収益化した動画だけでなく、収益化していない動画にも広告が出るようになるとのことだ。この変更によって、動画を配信する動画クリエイターと動画を視聴するユーザーにどのような影響が出るのだろうか。

今回YouTubeの利用規約変更の概要とは

(Image:Sutipond Somnam / Shutterstock.com)

すでに新規約が適用されているアメリカではアクセスや利用に大きな影響はないという

 今回YouTubeは、パートナープログラムに参加していないチャンネルまたは収益化に関する契約を締結していないチャンネルを対象として、ブランドイメージを損なわない一部の動画への広告の掲載を徐々に開始すると発表。変更理由としては、YouTube がプラットフォームのさまざまな場所で広告を掲載する権利について透明性の確保に努めるためだという。今後は動画やトップページのマストヘッド、さまざまな検索結果ページで広告を掲載されることになる。変更された利用規約は、アメリカでは2020年11月からすでに適用されており、日本では6月1日から有効となる。
 つまり、日本では6月1日以降、YouTubeパートナープログラムに参加していないチャンネル、または収益化に関する契約を締結していないチャンネルを見ていると、今までは表示されていなかった広告が表示されるようになる、ということだ。
なお、この広告によるクリエイターへの収益分配は発生しないとのこと。なので、YouTubeパートナープログラムに参加している動画クリエイターにとっては、自分の配信する動画と関係のないところで掲載される広告は当然自分の収益にならないし、今回の利用規約の変更で受ける影響は特になさそうだ。

YouTube全動画に強制的に広告が!? YouTuberと名乗れるステータスは保たれるのか?のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeYouTuberYouTubeパートナープログラム】の最新ニュースをいち早くお届けします。