Facebookが「おじいさんのSNS」? なぜこれほどまでにミドル・シニア層から好まれるのか?

日本では活発に投稿しているユーザーがおじさん世代であるというイメージから“おじさんのSNS”とも言われて久しいFacebook。世界で最も利用者数が多いSNSでありながら(2020年時点)、日本に限って見てみるととくに若者のアクティブユーザーが極めて少なく、タイムラインを開いてもおじさんたちの日常報告ばかりだ。そんなFacebookが、“おじさんのSNS”から“おじいさんのSNS”へと進化しつつあることがとある調査で明らかになった。

Facebookは60~70代がLINE以外で最も利用しているSNSであることが判明

Facebookを更新することが日々の生きがいになっているケースもありそうだ

 NTTドコモ モバイル社会研究所が15~79歳の男女を対象に行った調査によると、最も利用率が高いSNSは1位LINE、2位Twitter、3位インスタグラム、4位Facebook、5位TikTokという結果になった。
 Facebookの利用率を年代別に見ていくと、10代で16.2%、20代で31.9%、30代で39.3%と増加し、30代をピークに緩やかに減少。ほかのSNSは、10代をピークに年齢が高くなるにつれて利用率が減少しているが、Facebookだけ異なる動きを見せており、若者の利用率が低いことを物語る結果となった。
 60代・70代に関しては、LINEを除くとFacebookが約20%台と最も利用率が高いSNSとなっており、続いてTwitterおじさんのSNSと言われているのも納得がいく。60~70代というと、もはやおじさんというよりもおじいさんの憩いの場になっているのかもしれない。

Facebookが「おじいさんのSNS」? なぜこれほどまでにミドル・シニア層から好まれるのか?のページです。オトナライフは、【SNSFacebookInstagramSNSTwitterおじさんのSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。