【iPhone】iTunesを使わずに動画を転送する方法は? 注意点も解説

パソコンに保存している動画をiPhoneに転送する場合、大体の人はiTunesを使うのではないだろうか。しかし、iTunesを使わずにiPhoneに動画を転送する方法がある。そこで今回は、iTunesを使わずに動画を転送する方法や注意点について解説していく。

【iPhone】iTunesを使わずに動画を転送する方法【メール/LINE利用の場合】

 パソコンに保存している動画をiTunesを使わずにiPhoneへ転送するには、メールやLINEを利用する方法がある。ここでは、メールやLINEで動画をiPhoneへ転送する方法について紹介していく。

【方法①】メールに動画を添付する

 パソコンに保存している動画をiTunesを使わずに、メールでiPhoneへ転送する方法について紹介していく。ここでは、Gmailを利用した転送方法になる。

パソコンに保存している動画をiTunesを使わずに、メールでiPhoneへ転送するには、Gmailを起動し「メールの新規作成画面」を開く。次に、「ファイルを添付」をクリックする

パソコン内にある「転送する動画」をダブルクリックする

転送する動画をダブルクリックすると、上の画面のようにメールに動画が添付される。そして、宛先の部分にiPhoneの「メールアドレス」を入力し、「送信」をクリックする。そうすれば、パソコンに保存している動画をiTunesを使わずに、メールでiPhoneへ転送することができる

【方法②】パソコン版LINEを使う

 パソコンに保存している動画をiTunesを使わずにiPhoneへ転送するには、パソコン版LINEを使う方法がある。ここでは、パソコン版LINEを使ってiPhoneへ転送する方法について紹介していく。

パソコンに保存している動画をiTunesを使わずに、LINEでiPhoneへ転送するには、LINEを起動し「Keepメモのトーク画面」を開く。そして、「ファイル送信」を選択し、パソコン内にある「転送する動画」をダブルクリックする。そうすれば、パソコンに保存している動画をiTunesを使わずに、LINEでiPhoneへ転送することができる

・注意点

 パソコンに保存している動画をiTunesを使わずに、メールやLINEでiPhoneへ転送する方法について紹介した。しかし、それぞれ注意しなければいけないことがある。まず、メールで動画をiPhoneへ転送する際の注意点は、動画のファイルサイズが大きくなり過ぎないようにすることだ。動画のファイルサイズが大き過ぎるとメール送信エラーになってしまう。よって、動画のファイルサイズが大きい場合は、ファイルサイズを小さくしてから送信するようにしよう。また、LINEで動画をiPhoneへ転送する際の注意点は、送信できる動画時間に限りがあることだ。LINEで送信できる動画時間は、5分までになっている。このことから、5分以上の場合はエラーになってしまい送信できない。更にLINEでは、送信する動画を自動圧縮するため、元の動画よりも画質が低下してしまう。

【iPhone】iTunesを使わずに動画を転送する方法は? 注意点も解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiTunes】の最新ニュースをいち早くお届けします。