【iPhone】iTunesを使わずに動画を転送する方法は? 注意点も解説

【iPhone】iTunesを使わずに動画を転送する方法【ソフト/アプリ】

 パソコンに保存している動画をiTunesを使わずにiPhoneへ転送するには、ソフトやアプリを利用する方法がある。ここでは、ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送する方法について紹介していく。

【方法①】AirDropを使う

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送するには、AirDropを使う方法がある。

AirDropアプリを使って転送するには、Macで「転送したい動画」を選択して「共有」→「AirDrop」をクリックする。そうすれば、動画を転送することができる

【方法②】AnyTrans for iOSを使う

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送するには、AnyTrans for iOSを使う方法がある。

AnyTrans for iOSを使って転送には、AnyTransをパソコンにインストールする。そして、AnyTrans for iOSを起動する。次に、iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続し、「コンテンツを追加」をクリックし、「転送したい動画」をダブルクリックする。そうすれば、動画を転送することができる

【方法③】DearMob iPhoneマネージャーを使う

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送するには、DearMob iPhoneマネージャーを使う方法がある。

DearMob iPhoneマネージャーを使って転送するには、DearMob iPhoneマネージャーをパソコンにインストールする。そして、DearMob iPhoneマネージャーを起動する。次に、iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続し、「ビデオ管理」→「転送する動画」→「インポート」をクリックする。そうすれば、動画を転送することができる

【方法④】AllFilesを使う

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送するには、AllFilesを使う方法がある。

まず、AllFilesをパソコンにインストールし、ソフトを起動する。次に、iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続し、「iPhone」→「ビデオ」をクリックする。そして、ビデオファイルへ「転送する動画」をドラッグ&ドロップする。そうすれば、動画を転送することができる

【方法⑤】AirMoreを使う

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送するには、AirMoreを使う方法がある。

まず、iPhoneにAirMoreをインストールして起動し、パソコンで「http://web.airmore.com/」にアクセスする。そして画面に表示された「QRコード」をiPhoneでスキャンする。次に、「転送する動画」をドラッグ&ドロップする。そうすれば、動画を転送することができる

【方法⑥】Googleフォトを使う

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送するには、Googleフォトを使う方法がある。

まず、「https://photos.google.com/」にアクセスしてGoogleフォトを開く。そして、「パソコン」→「転送する動画」→「アルバムに追加」をクリックする。次に、iPhoneからGoogleフォトアプリを開いて「転送する動画」をダウンロードする

・注意点

 ソフトやアプリで動画をiPhoneへ転送する方法について紹介したが、注意しなければいけないことがある。それは、AirDropアプリを利用する際は、BluetoothとWi-Fiをオンにしておかないと転送できないことだ。

※サムネイル画像(Image:franz12 / Shutterstock.com)

【iPhone】iTunesを使わずに動画を転送する方法は? 注意点も解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiTunes】の最新ニュースをいち早くお届けします。