キャッシュレス、ポイント運用者の約70%が「期待以上」と調査結果で回答!

ポイント運用経験者の意識調査が行われ、全体の74%が「期待した通り、もしくはそれ以上に興味深い」と回答した。最近では楽天証券やPayPay証券でも各経済圏の共通ポイントが運用でき、「現金を使わずに気軽に運用を始められる」と人気のよう。今後、経済圏がますます躍進していけば、ポイント運用ももっと一般的になってくるかもしれない。

若年層を中心に広がるポイント運用

筆者もある経済圏でポイント運用を開始と同時に行っているが、アンケート通り想像以上だ

 キャッシュレス決済が進む昨今、付随して貯まるポイントを利用した「ポイント運用」が若年層を中心に広まっている。Pontaを運営するロイヤリティ・マーケティングが2020年10月に実施した調査によると、調査対象のうち5人に1人がポイント運用をしたことがあり、その半数以上が20〜30代の若い世代となった。
 そのまま割引に使うこともできるポイントを、“実際の資金を使わない投資”として運用できるのがポイント運用だ。ポイント運用サービスを提供しているSTOCK POINTが2021年4月から5月にかけて行なった調査でも、ポイント運用利用者の74%が「実際にやってみて予想以上に興味深い」と答えたという。「未経験だからお金を使うのはハードルが高いけど、ポイントであれば財産を削るわけではないのでとっつきやすいと考える若年層が多いようだ。
 また、心理的なハードルだけでなく、開始までのステップが少ないのもポイント運用の魅力だ。個人情報の入力や本人確認など、スタート時のわずらわしい手続きもポイント運用であれば簡単であることが多い。

キャッシュレス、ポイント運用者の約70%が「期待以上」と調査結果で回答!のページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスポイント運用】の最新ニュースをいち早くお届けします。