スマホのバッテリーが少なくなったらどうする? 3位アプリを閉じる、2位画面を消す、1位は?

移動中やちょっとした空き時間、ネット検索やSNS、動画などについつい夢中になり、気がつけばスマホのバッテリー残量があとわずかといった経験はないだろうか。「待ち合わせのお店の場所を検索するつもりだったのに」「スマホに入っている交通系ICが使えない」など、慌てたというユーザーは多いはず。そんなとき、みんながとる対策を調査した。はたして第1位となったのは?

バッテリーが減ったら、すぐに電源オフ?

電池切れに備え、モバイルバッテリーが欠かせないという人も

 このほど、LINEリサーチが日本全国の10~50代の男女5,252人を対象に行った調査から、スマホユーザーがバッテリーが減ってきたときに取る対策がわかった。4位は20.4%で「画面の明るさを暗くする」、3位は21.1%で「使っていないアプリは閉じておく」、2位は22.8%で「画面を見ていないときは画面を消す」、そして1位は31.7%で「低電力モード/バッテリーセーバーを使う」という結果で、20%台の僅差であった。ただ、「何もしない」というユーザーも33.0%おり、年代が高いほどこの傾向が高まった。焦りはするが、「ま、いいか」と諦めが早いのか、スマホにそこまで依存していないのか。

 バッテリー切れを防ぐ根本的な対策は電源をオフにすることだが、この割合が高いのは50代だった。かたや、スマホネイティブ世代ともいわれる若い層は、「音量を小さくする」「機内モードにする」「Bluetoothをオフにする」など、バッテリーが減ってきたときには、なにかしらの対策を行っていた。では、出かけているときに、スマホのバッテリーが何%になると不安を感じるのだろうか。

スマホのバッテリーが少なくなったらどうする? 3位アプリを閉じる、2位画面を消す、1位は?のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidスマホバッテリー低電力モード】の最新ニュースをいち早くお届けします。