実はあなたも? 80%のサラリーマンが“間違いだけどやってしまう”習慣とは

新社会人がそろそろ落ち着き始める時期、これまで間違いだと習ってきた敬語を先輩方が使っていて戸惑った、などということはないだろうか。正しい敬語がすべてではない、暗黙のビジネスルールは、ややこしいものなのだ。例えば、取引先の会社を呼ぶときはどうだろう。「様」や「さん」と敬称をつけるべきか。間違った使い方だから不要!と思うものの、呼びつけにしているみたいで気がひける。今回は、この敬称についてみんなの意見を紹介したい。

会社名にも「様」を付けるのがもはや常識か

敬意をこめて付けるべきか日本語の使い方を尊重すべきか悩ましい

 社会に出ると、学生時代とは違うビジネスパーソンとしての考え方や行動、礼儀作法などにふれる機会が増える。これらは、誰でも失敗を重ねながら少しずつ覚えていくものだが、最低限のビジネスマナーとして、なにより相手に不快感を与えないために、「敬称」は身につけておきたい。
 会社名に付ける敬称は、手紙の宛名には○○会社「御中」、文章中では「貴社」、電話や対面などでは「御社」を使うのが正しいとされる。しかし、複数の会社の人と話をする場合、「○○会社さん」や「○○会社様」と呼ぶことがある。「様」「さん」は、個人名に付けるのが原則だが、取引先など、関わりのある会社を呼ぶときに「様」「さん」の敬称を付けている人はどのくらいいるのだろうか。全国の仕事をしている男女1,600名を対象に日本トレンドリサーチが実施した、アンケート「会社に付ける敬称」の結果を報告しよう。

実はあなたも? 80%のサラリーマンが“間違いだけどやってしまう”習慣とはのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスサラリーマン習慣】の最新ニュースをいち早くお届けします。