1日あたりのスマホ・PCとの接触時間は過去最高の約7.5時間と判明! 睡眠を削って捻出してる?

メディアといえばテレビか新聞。一昔前なら「うんうん」と頷く人も多かった概念が、ずいぶん変化している。博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所が2006年から毎年行っている「メディア定点調査」によると、メディアの構成比率ではテレビが顕著に下がり、スマホやタブレットの接触時間がぐんと伸びている。一方、「メディア総接触時間の時系列推移」で見ると、メディアに触れる時間自体が増加していることが見て取れる。人々はどうやら、生活の中でなんらかの時間を削ってメディアと接触しているようだ。

睡眠時間より長いメディア接触時間。とくにスマホの増加が著しい

テレビの接触時間はじわじわと、新聞・雑誌は半分以下に減少。逆に、スマホの増加は顕著だ(株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所調べ)

 調査によれば、メディア総接触時間は1日当たり/週平均で450.9分と過去最高を記録した。つまり1日7.5時間もの間、テレビやスマホなどを見ているということだ。日本人の平均睡眠時間が6.5時間ほどなので、「睡眠時間よりも多い」という人も少なくないはずだ。これはおそらく、おうち時間の増加によって外出機会が減り、家にいる間はなんらかのメディアを見て過ごす…という生活スタイルが定番になった人が多いのだろう。
 総接触時間が増えているにもかかわらず、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌はおおむね減少し、逆にパソコン・タブレット・スマホといったデジタルデバイスは増加。構成比をみてもテレビが減少するのに対してスマホが増加しているため、旧来のメディアで行っていた情報の取得が、スマホなどに置き換わっていることが見て取れる。

 一方、定額制動画配信サービスの利用率は46.6%と伸長。半数近くがNetflix、Amazonプライム・ビデオなどのサービスを利用しているという結果となった。テレビ受像機のインターネット接続率も45.8%で、テレビが単に「地上放送を視聴するもの」ではなくなりつつある。

1日あたりのスマホ・PCとの接触時間は過去最高の約7.5時間と判明! 睡眠を削って捻出してる?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフスマホパソコンメディア総接触時間定額動画配信】の最新ニュースをいち早くお届けします。