厄介な現象! 5Gパケ詰まり・パケ止まり発生はエリア普及までの一時的な辛抱が必要?

日本で常時5Gを利用できるようになるのは、まだまだ先の話になりそうだ。なんと現在5Gを利用していると、たびたび“パケ止まり”とも言える現象が頻繁に起きているという。さらに厄介なのはこれが5Gの電波強度に関わる話のようで、日常的に5Gエリアを頻繁に行き来するユーザーほど頻繁に発生することになるという。今回は、厄介な現象の“パケ止まり”と、万が一読者の方々がこの症状に陥った際の対応策についてお伝えしていきたい。

5G通信環境では動画もサクサク見られることが魅力

通勤中の空き時間に動画等を視聴するユーザーも多い

 日本国内でも2020年からキャリア各社で提供されるようになった新たな通信規格・5G。ドコモの紹介ページによれば、5Gは「高速・大容量」「低遅延」「多数接続」という特性をもつという。つまり、近年流行している動画配信サービスや、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)といった今後普及していくであろう大容量のサービスを利用するにはもってこいの通信規格だ。
 とくにドコモは、他社が4G電波を転用し素早く5Gエリアを広げているのに対し、「瞬速5G」と名付け新たな周波数帯で展開することで5G本来の通信速度をユーザーに提供しようとしている。

厄介な現象! 5Gパケ詰まり・パケ止まり発生はエリア普及までの一時的な辛抱が必要?のページです。オトナライフは、【iPhone&Android5GNTTドコモパケ止まりパケ詰まり】の最新ニュースをいち早くお届けします。