【iTunes】動作が重い、遅いと感じたときの対処法を解説!

iTunesでは、曲のダウンロードやiTunesで取り込んだ曲をiPhoneへ転送することができる。そんなiTunesで、動作が重い・遅いと感じたことはないだろうか。そこで今回は、iTunesで動作が重い・遅いときの対処法について解説していく。

【iTunes】動作が重い…

 iTunesで動作が重い・遅い原因は一体何なんだろうか。ここでは、iTunesで動作が重い・遅い原因や動作が重いとどうなるのかを具体的に解説していく。

・主な原因は?

 iTunesで動作が重い・遅い原因は、主に3つある。まず1つ目は、iTunes自体の不具合である。iTunesに不具合が発生した場合、アプリ本体に問題があるためiTunesが使えない状態になっている。それにより、iTunesで動作が重い・遅い原因になってしまう。2つ目は、パソコンにインストールしているiTunes以外のアプリが邪魔をしていることだ。パソコンにインストールしているアプリによっては、iTunesの動作が重い・遅い原因になってしまうのだ。3つ目は、iTunesをインストールしているパソコン本体のメモリが不足していることだ。パソコンのメモリが不足している状態でiTunesを使おうとしても、処理が追いつかず動作が重い・遅い原因になってしまう。このように、iTunesの動作が重くなってしまう原因は、様々考えられる。

・動作が重いとどうなる?

 では、iTunesで動作が重い状態ではどうなるのだろうか。iTunesで動作が重い場合、まず考えられるのは、曲の読み込みが遅くなるということだ。iTunesで曲の読み込みが遅いと、曲が途中で止まってしまう・再生されないなどの不具合につながる。また、iTunesで動作が重いと、iTunesの起動に時間がかかってしまう。利用しているパソコンのスペックにもよるが、遅いときはiTunesの起動に1時くらいかかることもある。更に、iTunesで動作が重いと、iTunes自体がフリーズしてしまう。この場合、そもそもiTunesが動かないので何もできなくなる。このように、iTunesの動作が重いことによって生じる不具合はたくさんあり、何よりもiTunesがスムーズに使えなくなるのだ。

【iTunes】動作が重い、遅いと感じたときの対処法を解説!のページです。オトナライフは、【動画・音楽BonjourGeniusiPhoneiTunesiTunes Store】の最新ニュースをいち早くお届けします。