【Windows 10】コントロールパネルをクラシック表示にする方法!

Windows 10になり、さまざまな機能が強化されたが、表示が変わり使いにくくなったという方も少なくない。Windows 10の画面をクラシックモードで表示したいという声も多くある。この記事では、Windows 10をクラシックモードにする方法を解説する。

【Windows 10】コントロールパネルをクラシック表示にする方法【自分で設定する場合】

 Windows 10になり、視覚効果が多用されるようになったことで、大きな戸惑いを感じている方も少なくない。Windows 10の画面の表示を完全にクラシックモードにすることはできないが、コントロールパネルをクラシック表示にすることはできる。Windows 10のコントロールパネルをクラシック表示する方法を解説する。

・「設定」から「個人用設定」を表示する

 Windows 10の「コントロールパネル」を開こう。まずはWindows 10の「スタート」から「設定」を開く。

Windows 10のスタートボタンをクリックして、歯車マークの「設定」をクリックする

「設定」の「個人用設定」をクリックする

・「デスクトップアイコンの設定」画面から変更をする

テーマをクリックして、「デスクトップアイコンの設定」をクリックする

「デスクトップアイコンの設定」に入ったら「コントロールパネル」にチェックを入れて「OK」をクリックする。これで「デスクトップアイコンの設定」は完了

デスクトップ上に「コントロールパネル」のアイコンが表示されるのでダブルクリックしてコントロールパネルを開く

 コントロールパネルが開いたらクラシックモードでの表示にしていく。

右上の「カテゴリ」をクリックする。「大きいアイコン」か「小さいアイコン」の好みの表示を選ぶ

「大きいアイコン」にしても、「小さいアイコン」にしてもどちらでもコントロールパネルのクラシック表示が可能。

大きいアイコンでのコントロールパネルの表示

小さいアイコンでのコントロールパネルの表示

【Windows 10】コントロールパネルをクラシック表示にする方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10クラシックモードコントロールパネル】の最新ニュースをいち早くお届けします。