iPhoneのシェア数が異常すぎる! 世界のトレンドと真逆を行く日本のスマホ事情

世界のスマートフォンは、グーグルの開発するOS・Androidを搭載したAndroidスマホとアップルの開発しているiOSのiPhoneに二分されていることは広く知られている。しかし「Androidスマホが70%以上のシェアを占めている」と聞くと、読者の方々の中にも意外に思う人もいるかもしれない。今回は、そんな日本と世界のスマホシェアの差について、様々なことをお伝えしていきたい。

日本のiPhone人気、世界と一線を画していた

日本の隣の韓国ではAndroidが70%を超えている(アウンコンサルティング調べ)

 コンサルティング業などを展開するアウンコンサルティングは5月25日、「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2021年5月】」と題し、世界の40の国と地域を対象とした各国の主要なスマホのOS・機種のシェアの調査結果を発表した。
 それによれば、世界のスマホOSシェアはAndroidが72.2%でトップ。2位はiOSで26.99%となった。この2種で99%以上を占めていることとなり、スマホ市場はこの2巨頭の存在感が絶対的であることがあらためてわかった。また、スマホメーカーの機種シェアでは、1位は韓国・サムスンで28.16%。2位にはアップルで26.99%だった。

 ここで注目したいのはやはりOSのシェアだ。おおまかに言って、世界の4人に3人はAndroidスマホ、iPhoneユーザーは4人に1人という計算だ。しかし日本ではむしろiPhoneのほうが多数派という印象が強い。それもそのはず。シェアを国別に見てみると、iOSが66.00%でAndroidが33.84%と勢力図は完全に逆転。3人に2人がiPhoneユーザーなのだ。

iPhoneのシェア数が異常すぎる! 世界のトレンドと真逆を行く日本のスマホ事情のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。