日本上陸の大学生限定SNS「Dtto(ディット)」は東京の有名大学しか登録できない?

私たちにとってSNSといえば「Twitter」「Instagram」「Facebook」の3強だ(情報伝達手段として認識されている「LINE」を除いて)。かつては「mixi」や「モバゲー」が流行っている時代もあったが、ここ数年はこの3つがSNSの主流として多くの人に利用されている。

そんななか、特定の層のシェアを独占しそうなSNSが日本に上陸してきたことをご存知だろうか。それが、台湾の大学生9割が使う大学生限定SNS「Dcard」の日本版、「Dtto(ディット)」だ。匿名制なのにもかかわらず台湾で絶大な支持を集めるこのSNS、いったいどんな特徴があるのだろうか。果たして日本でも流行するのだろうか。

利用には所属大学のメールアドレスか学生証での認証が必須

(Image:Sharaf Maksumov / Shutterstock.com)

台湾の大学生の9割が使っているSNS・Dcard

 2015年に正式ローンチされ、今や台湾の学生のほとんどが使うSNSに成長を遂げたDcard。メインの機能は“掲示板”であり、グルメ、ファッション、学生生活など様々な掲示板が用意されている。また“匿名性の高さ”も特徴のひとつ。掲示板に投稿されたお題について、匿名で気軽に会話を楽しめる仕様になっている。
 大学ごとの掲示板も用意されており、授業やサークル、学生生活に関するあれこれなど些細なことも相談可能。ユーザー登録には所属大学が発行したメールアドレス、もしくは学生証での認証が必須であり、学生以外は登録できない仕組みになっている。
 今回日本で展開された日本版サービスのDttoもほぼ同じ仕様だ。コロナ禍でオンライン授業が中心になり、大学の友人らとコミュニケーションが取れないことに不安を感じる大学生にとって、安心できる場になる可能性も十分にありそうだ。

日本上陸の大学生限定SNS「Dtto(ディット)」は東京の有名大学しか登録できない?のページです。オトナライフは、【SNSDcardDttoSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。