「じゃない方芸人」がいつの間にか勝ち組? YouTubeで圧倒的に人気を集める理由とは

YouTubeで伸びる芸人と伸びない芸人の違い

知名度が高い芸人でもYouTubeはすでにレッドオーシャン

 とはいえ、芸人がYouTubeを始めれば全員が大成するわけではない。1週間に3本のハイペースで動画をアップしているダンディ坂野のチャンネル登録者数は2,010人。再生回数が3桁止まりの動画がほとんどだ。安田大サーカス・HIROのチャンネルも登録者数2,670人。様々なジャンルの動画を上げているようだが、どれも鳴かず飛ばずである。

 では、いまも登録者数を伸ばし続けるじゃない方芸人たちは、なぜこんなにも人気を獲得できるのだろうか。相方の不祥事で注目された児嶋は例外的だが、ほかの2人は肩ひじ張らずに自分の好きなことや得意なことを発信してバズっている印象だ。
 西村は趣味のキャンプを、西野は時にナダルを活用して自由かつゆるく動画を撮影している。また、ロバートの中では縁の下の力持ち的な存在の馬場裕之も、得意の料理を活かして簡単に作れるレシピを発信し、登録者数は38.4万人という人気っぷり。YouTuberといえば、尖ったキャラクターや企画性でファンの支持を得ている印象だが、芸人は逆に自然体なほうがウケるのかもしれない。

参照元:アンジャ児嶋にバイきんぐ西村、コロチキ西野も YouTubeで飛躍する”じゃない方芸人”【Real Soundテック

「じゃない方芸人」がいつの間にか勝ち組? YouTubeで圧倒的に人気を集める理由とはのページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeじゃない方芸人】の最新ニュースをいち早くお届けします。