技術力は高いのに…日本製のスマホが中国人に支持されない理由とは

かつては「ものづくり大国」として、最先端の技術を世界に発信してきた日本。技術力は日本の誇りでありアイデンティティで、海外からも厚い信頼を寄せられていた。しかしその地位が、他国の発展によってここ数年で崩れかけている。

調査会社アイディーシーによると、2020年中国のスマートフォン市場は、ファーウェイがシェア1位、2位がVIVO、3位がOPPO、4位がシャオミ、5位がアップルと上位4社を中国ブランドが独占。いまや日本ブランドはほとんど見かけなくなったというのだ。“爆買い中国人”に見るように、中国は日本の技術力に信頼を置いていたのではないのだろうか。日本のスマホは、なぜ中国人からの人気を集められないのだろうか。

「技術が優れているけど実用的ではない」「値段が高い」

(Image:N.Z.Photography / Shutterstock.com)

中国でスマートフォン市場シェア1位を誇るファーウェイ

 中国メディア「快資訊」の記事によると、日本のスマホが中国で人気がない理由として2つの要因があるという。
 1つ目は、「日本の優れた技術があまり実用的ではない」ことだ。日本製スマホに搭載された技術は優れているが、普段の利用でその技術が活用された機能を使うかというと、その頻度は極めて少ないらしい。
 2つ目は、そのような技術を採用していることによって「値段が高い」ことだ。中国のスマホは一般的なユーザーが不便なく使うための機能にしぼっており、言ってしまえば“無駄”な技術は使っていない。だから中国製のスマホは安いのだ。

技術力は高いのに…日本製のスマホが中国人に支持されない理由とはのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidHUAWEIOPPOVivoシャオミスマホ中国】の最新ニュースをいち早くお届けします。