わずか8分でスマホをフル充電できるシャオミ「HyperCharge」がネットで話題!

中国の大手スマホメーカー「シャオミ(Xiami)」が、最新技術を使って8分でスマホをフル充電できるようになったことを発表した。200Wの有線充電で、4,000mAhのバッテリーを搭載するスマホ「Xiami Mi 11 Pro」を使った充電動画をTwitterに投稿しており、ネット上で話題に。日本ではまだ認知度の低いシャオミだが、2021年第1四半期のヨーロッパのスマホ市場では、アップルを抜きシェア第2位に浮上したと発表するなど、存在感を強調している。最新充電技術の発表も自社の技術力の高さをアピールする狙いのようだ。

有線・ワイヤレス共に世界記録更新!充電スピード競争は大幅リード

(Image:8th.creator / Shutterstock.com)

2019年12月に日本参入して以来、徐々に存在感を増しているシャオミ

 スマホの充電問題に関しては、誰もが困ったり不便に感じたりした経験があるだろう。動画などの閲覧ですぐに電池残量が減り慌てて充電するケースや、寝る前に充電を忘れた朝の絶望感といったら……。
 今回発表されたシャオミの新しい高速充電技術「HyperCharge」は、有線とワイヤレス充電の両方で世界記録を更新したそう。公開された動画を見ると、200W有線充電器を使って44秒で10%まで充電、3分で50%まで充電でき、8分で100%の充電が完了。ワイヤレス充電でも、1分で10%、7分で50%、15分でフル充電できる様子が映し出されている。この動画が本当なら、充電スピード競争でしのぎを削っていた同じ中国のOPPOに大差をつけてリードしたということになるのかもしれない。OPPOは昨年、高速充電器「VOOC(ヴォーク)フラッシュチャージ」を発売している。これは4,025mAhバッテリーを使って約56分でフル充電を謳っていたが、シャオミが再び先頭を走る形となった。

わずか8分でスマホをフル充電できるシャオミ「HyperCharge」がネットで話題!のページです。オトナライフは、【iPhone&Androidシャオミスマホ充電】の最新ニュースをいち早くお届けします。