テレビはもはや不要? ドラマ好き500人が答えた70%が録画や動画配信で後から見るという結果に

テレビドラマの楽しみ方が大きく変化しているようだ。若者のテレビ離れが急速に進んでいる昨今。NHK放送文化研究所が2021年5月に発表した国民生活時間調査によると、10〜20代の約半数が平日にほとんどテレビを観ていないということが分かった。スマホや動画配信サービスの普及による、娯楽・生活習慣の多様化がその主な要因だ。

では今の時代、私たちの生活の中でテレビはどのような役割を担っているのだろうか。テレビドラマに関するあるアンケート結果から、昨今のテレビ事情を紐解いてみる。

ドラマは後から見る派が圧倒的多数

リアルタイムで観ている人は、1週間のご褒美として楽しんでいる、という人が多い(ワンスクリーン調べ)

 株式会社vivianeが2021年5月、ドラマが好きな全国の10~60代の男女500名を対象に、「普段どんな方法でドラマを観るか」というアンケートを行った。

 その調査結果によると、「あとから録画で観る」が全体の56.0%で1位となった。その理由としては「子どもが寝てからゆっくり見たいので」「自分の好きなタイミングで見られるから」などが挙がっていた。2位は「リアルタイムでテレビで観る」方法。かつてのテレビドラマの王道の楽しみ方だったが、今や全体の26.8%と少数派となった。そして第3位は「あとから動画配信サービスで観る」で全体の17.2%。時間をテレビに縛られず、お風呂タイムやジムで運動中、料理しながら、などどこででも、ながら視聴ができることが魅力のようだ。

 つまり、録画や配信サービスで後から見るという人を合わせると、70%以上の人にとってドラマはリアルタイムで楽しむものではなくなっているということが分かる。動画配信サービスで視聴している人のなかには、そもそも家にテレビがないという人もいて、スマホでテレビ番組視聴ができる今、テレビの存在意義が大きく揺らいでいることが浮き彫りとなった。

テレビはもはや不要? ドラマ好き500人が答えた70%が録画や動画配信で後から見るという結果にのページです。オトナライフは、【動画・音楽TVドラマ動画配信サービス定額動画配信】の最新ニュースをいち早くお届けします。