スマホのメモリやバッテリーを最も消耗させるアプリランキング!

インストールされているいくつものアプリのうち、どれが一番スマホを“消費”しているのか考えたことはあるだろうか?クラウドストレージサービスを提供するpCloudが世界的に人気のあるアプリ100個を調査し、どのアプリが最も消費が激しいのかのランキングを公開した。ここでいう消費とは「メモリやバッテリーの消費」を指しているが、「最近やたらとバッテリーの減りが激しいな…」と感じているなら、原因はあのアプリかもしれない!?

ソーシャルメディアやマッチングアプリは要注意!

(Image:TY Lim / Shutterstock.com)

バックグラウンドでの他アプリの利用が多いソーシャルメディアアプリは、消費が激しい傾向にある(写真はイメージです)

 ランキングの作成にあたり、指標して用いたのは

・カメラや位置情報サービスなどの標準アプリを、バックグラウンドで使用しているかどうか
・バッテリー消費の割合
・ダークモードに対応しているかどうか

の3点。バックグラウンドで通信を行うアプリの場合、アプリを操作していなくてもバッテリーやデータ通信料を消費することや、ダークモードに設定すれば、有機ELディスプレイの場合バッテリーの節約につながるために指標としているのだろう。

 その結果、1位はフィットネストラッキング・Fitbit、2位は米大手キャリア・Verizonのアプリで、日本のユーザーは少数かもしれない。だが、3位のUberをはじめ、4位・Skype、5位・Facebook、8位・Instagram、13位・Zoom、14位・YouTube、16位・Amazonと続き、日本でもユーザーの多いアプリがランクイン。全体的にソーシャルメディアアプリやマッチングアプリは、消費が激しい傾向にあるようだ。
 続いて、メモリやバッテリー消費量の大きい上位50アプリについて、ダークモードへの対応・非対応、写真/メディア/ファイル、Wi-Fi情報、連絡先情報、ID、ストレージ、通話情報、アプリ履歴、位置情報、写真のステータスとID、マイク、カメラ、カレンダー、SMS、モバイルデータ設定などをそのアプリが利用しているかを一覧表示している。これを見ると、当然といえば当然だが、多くの機能を利用すればするほど、スマホを消費する傾向にあるようだ。

スマホのメモリやバッテリーを最も消耗させるアプリランキング!のページです。オトナライフは、【アプリFacebookFitbitSkypeUberVerizonアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。