「Viber(バイバー)」の使い方や設定、日本語化、活用方法まで解説!

「Viber」の使い方や設定方法をご存知だろうか。「Viber」の使い方や設定方法を解説するので参考にしてほしい。また、「Viber」の活用方法も合わせて解説するので、「Viber」の導入を検討中の方はぜひ本記事を参考にしてほしい。

「Viber」とは

「Viber」とはどのようなアプリかご存知だろうか。本記事では、「Viber」とはどのように設定して使うのか、活用方法も合わせて紹介するがまずは、「Viber」とはのようなアプリなのか確認してみよう。本項目では、「Viber」とはどのようなアプリなのか、「Viber」の特徴について解説するので参考にしてほしい。

・無料で音声通話やメッセージ送受信ができるアプリ

「Viber」とは無料で利用でき音声通話、チャットメッセージの送受信を行うことができるアプリのことだ。「Viber」は海外で人気があるアプリであり、日本のLINEのように活用されるアプリである。
 また、「Viber」で行える通話とはインターネットを利用した通話のため、音声通話ができない契約の回線でも利用できる。そのため、データ通信専用の端末で音声通話を行いたい場合には「Viber」を活用するとよい。
 日本では、「Viber」をLINEとは異なる友人とのやり取りに使っていることが多く、LINEとは連絡先を分けて管理して利用している方が多い。なお、現在「Viber」は楽天が運営を行っており、国内サポートも充実している。

・おもな機能

「Viber」とはどのような機能を持ったアプリなのか、「Viber」のおもな機能について解説する。「Viber」のメイン機能は無料通話とチャットメッセージだ。「Viber」の無料通話とは、インターネット回線を利用して「Viber」ユーザー同士で通話を行うものと、「Viber Out」と呼ばれる「Viber」から通常の電話番号宛に通話を発信する機能がある。「Viber Out」は有料ではあるが、通常の音声通話と比較すると非常に安価だ。ただし、「Viber Out」とはIP電話のためIP電話の着信を拒否している相手への通話には注意が必要だ。
「Viber」のチャットメッセージ機能とは、通常のテキストメッセージチャットしての活用だけでなく、手書きのイラストを送受信するなど多機能なものになっている。また、「Viber」のチャットメッセージとは送信後にも削除できる仕様なので、様々な場面で活用できる機能になっている。

「Viber」のメリット/デメリット

(Image:viber.co.jp)

「Viber」とはどのようなアプリなのかわかったところで、「Viber」を活用するメリット・デメリットについて解説する。「Viber」にはメリットも多いが、デメリットも存在する。「Viber」のメリット・デメリットについて確認してほしい。

・メリット

「Viber」のメリットとして、「Viber」ユーザー同士であれば無料で音声通話やチャットメッセージ機能が利用できるというメリットがある。頻繁に通話を行う相手であればお互いに「Viber」だけを使って無料通話を行うという使い方も容易だ。
 また、「Viber」には広告表示がない。「Viber」のライバルとも言えるLINEには様々な部分で広告が表示されて鬱陶しく思っている方も多いはずだ。対して、「Viber」には広告が表示されないので、広告を鬱陶しく思っている方も活用できる。

・デメリット

「Viber」のデメリットとして、「Viber」にはグループチャット機能が搭載されていないというデメリットがある。「Viber」をグループ間での情報のやり取りに活用しようと思っている方にとっては、グループを作って一斉に連絡という使い方ができないので不便だ。
 また、「Viber」のデメリットとしてユーザー数・知名度の低さがある。「Viber」は「Viber」ユーザー同士であれば無料で通話やチャットメッセージの送受信が可能だが、「Viber」のユーザー数自体が少ないため、相手に協力してもらわなければ活用できる場面が少ない。「Viber」を活用したい方は、「Viber」でやり取りを行いたい友人等に「Viber」をインストールしてもらう必要があるが、友人がわざわざそのために「Viber」をインストールしてくれるかはわからない。

「Viber(バイバー)」の使い方や設定、日本語化、活用方法まで解説!のページです。オトナライフは、【アプリViberチャットメッセージ無料通話】の最新ニュースをいち早くお届けします。