YouTube、1年間の音楽業界への支払いが約4300億円以上になったことを発表!

コーエン氏はアーティストの敵か、味方か……?

互いの折り合えるポイントを見つけてほしいものだ

 YouTubeでは、アーティストの音楽や動画が無断でアップロードされることも日常茶飯事。加えて、他の定額制音楽配信サービス比べてロイヤリティが少ないため、アーティストからの不満は大きい。これに対し、過去にYouTubeは「無断でアップロードされた音源に対してもロイヤリティを支払っており、そもそもスポーティファイのようなサブスクリプション・サービスより、ラジオのように広告収入で運営しているサービスであることも考慮して欲しい」などと理解を求めたこともあったようだ。

 これまでの経緯として、YouTube対アーティストという構図であることがお分かりいただけたかと思うが、YouTubeのコーエン氏は、音楽業界の出身者で要職を歴任してきた立場。元々アーティスト寄りの立場だった彼ゆえに、音楽業界の友人からは怪訝な顔をされることもしばしばのようだ。しかし、コーウェン氏は「音楽ビジネスの黄金時代を切り開くYouTubeの可能性を信じている」とし、信念を曲げない姿勢。将来のYouTubeは、本当に黄金時代を切り開きアーティストをサポートする立場になれるのだろうか。現状低いとされるロイヤリティを維持するならば、搾取が継続されることになりそうだ。

参考元:1年で4300億円以上がYouTubeから音楽業界に支払われたことが判明【GIGAZINE

※サムネイル画像(Image:Inferiorz Presents / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

YouTube、1年間の音楽業界への支払いが約4300億円以上になったことを発表!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTube】の最新ニュースをいち早くお届けします。