デザインを一新した「Android 12」の気になる新機能まとめ! 2021年8月登場予定

毎年行われているAndroid OSの大型アップデート。2021年8月以降に最新のAndroid 12が正式に登場する予定である。それに先立ってGoogleは、2021年5月19日Android 12のベータ版を公開した。セキュリティ強化はもちろんデザインも大幅に刷新されているほか、便利な新機能も満載だ。そこで今回は、気になるAndroid 12の新機能を紹介しよう。

2021年8月以降に登場するAndroid 12とは?

(Image:sdx15 / Shutterstock.com)

 2021年6月現在のAndroid OSは「11」が最新だが、2021年8月以降には早くも「12」が登場する予定なのはご存じだろうか? すでにGoogleでは2021年5月19日にAndroid 12のベータ(試作版)を発表しており、今後どのような機能が盛り込まれるのか、ある程度は確認することができるようになっているのだ。もちろん、セキュリティ機能は強化されデザインも刷新されているぞ。そこで今回は、いずれアナタのAndroidスマホにも搭載されるであろうAndroid 12の気になる新機能を確認してみよう。

Android史上最大のデザイン変更を実施!

 Android 12でまず注目したいのが、Android史上最大のデザイン変更が実施されていること。とくに新たなデザイン言語「Material You」を導入したことで、システムの色や光、動きなども大幅に見直されている。また、「Material You」の導入に合わせて、タップ、スワイプ、スクロールなどの操作が新しいアニメーションになっていることにも注目。このアニメーションは流れるように動くだけでなく、パフォーマンスやレスポンス、バッテリー効率などが、従来のものよりかなり向上しているという。

(Image:blog.google)

Android 12ではデザインを一新している。タップやスワイプなどのアニメーションも、流れるように動く

壁紙を選べば自動的に全体をカラーコーディネイト

 Android 12ではテーマを元にした新しいcolor extraction(色抽出)エンジンを導入している。壁紙を選択するとOSが自動的にどの色が見栄えがいいか判断して、通知シェード、ロック画面、ウィジェット、音量コントロールなど、OS全体をカラーコーディネイトするため、これまでにない斬新なデザインを実現できるのだ。
 また、Android 12ではすべてのウィジェットが角丸でフラットなアイコンになっている。ウィジェットのAPIも強力なものになり、ダイナミックなウィジェットを置けるため、ホーム画面を自分流にカスタマイズできるようになる。

(Image:blog.google)

テーマを元にした新しいcolor extraction(色抽出)エンジンで、壁紙を選択すると自動的に見栄えがいい色を判断してOS全体に適用してくれる

(Image:blog.google)

ウィジェットは四角い単調なものではなく、ダイナミックなデザインのウィジェットを置くことが可能になった

デザインを一新した「Android 12」の気になる新機能まとめ! 2021年8月登場予定のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAndroid 12】の最新ニュースをいち早くお届けします。