最も利用率の高いキャッシュレス決済、3位交通系ICカード、2位PayPayを上回った1位は?

いまや当たり前となったキャッシュレス決済。以前からクレジットカードの利用はじわじわと増え続けていたが、昨今の情勢を受け、ここ1年半でキャッシュレス派が一気に増加した。クレジットカード、QRコード決済、「Suica」などのFeliCa型電子マネーなど様々なものがあるキャッシュレス決済だが、それぞれにポイントなどの特典が豊富に用意されており、便利なだけでなく現金で支払うよりもお得に買い物ができることが特徴だ。

そんな絶好調なキャッシュレス決済サービスの中で、最も利用率が高いサービスは何なのだろうか。今回は、キャッシュレス決済サービスの利用率ランキングについて紹介していく。

利用率1位は楽天カード、2位はPayPay、3位は交通系ICカード

(Image:infcurion.com)

キャッシュレス決済各サービスのトップは揺るがない印象だ(インフキュリオン調べ)

 株式会社インフキュリオンが全国の16~69歳の男女20,000人を行った調査によると、キャッシュレス決済サービス別の利用率は、「楽天カード」が43%で1位、「PayPay」が37%で2位、交通系ICカードが34%で3位となった。
 楽天カードは国際ブランドカードであり、PayPayはQRコード決済アプリ、交通系ICカードはFeliCa型電子マネー。1位から3位まで、それぞれサービスの種類が違うことが見て取れる。どれもその界隈で最も有名な決済サービスであり、まだまだ王者の座は揺るがないようだ。

最も利用率の高いキャッシュレス決済、3位交通系ICカード、2位PayPayを上回った1位は?のページです。オトナライフは、【マネーFeliCaICカードPayPayQRコード決済キャッシュレス楽天カード】の最新ニュースをいち早くお届けします。