iOS 15で注目したい新機能まとめ! iPhone 6sや第1世代SEにも対応するのが凄い

定期的にバージョンアップが繰り返されている「iOS」。2021年6月現在はiOS 14.6が最新版だが、2021年秋にはメジャーアップデートの「iOS 15」が登場する予定だ。しかも、このiOS 15は5年以上前に発売されたiPhone 6sや第1世代SEまで適用されるという。そこで今回は、iOS 15で注目したい6つの新機能を紹介しよう。

iPhone 6sや第1世代SEまで適用できるiOS 15とは?

(Image:apple.com)

 2021年6月7日、Appleはオンラインで開催された開発者向けカンファレンス「WWDC21」において、iPhoneの新OS「iOS 15」の概要を発表した。2021年7月にベータ(試作)版、2021年秋には正式版をリリースする予定だという。iOS 15はFacetimeや通知などに大きな変更があり、より安全で快適なものになっている。しかも、今回のiOS 15は、2015年9月発売のiPhone 6sや2016年3月発売の第1世代iPhone SEまで適用されるのが凄い。古いiPhoneユーザーも利用できるので、今回はiOS 15で注目したい6つの新機能を紹介しよう。

■iOS 15注目の新機能

(1)FaceTimeがビデオ会議「Zoom」のように使える
(2)「SharePlay」で動画や音楽を友だちと共有できる
(3)写真の文字をテキスト化できる「LiveText」機能
(4)マップが3Dになってルート案内も使いやすく!
(5)通知機能を刷新して邪魔な通知を制限できるように!
(6)ウォレットで鍵や身分証明書を保存できる

■iOS 15対応機種

・iPhone 12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max
・iPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro Max
・iPhone XS/ XS Max/XR/X
・iPhone 8/8 Plus
・iPhone 7/7 Plus
・iPhone 6s/ 6s Plus
・iPhone SE 第1世代/第2世代
・iPod touch(第7世代)

(Image:Cincila / Shutterstock.com)

iOS 15は2015年9月発売のiPhone 6sや2016年3月発売の第1世代iPhone SEでも適用される

FaceTimeがビデオ会議「Zoom」のように使える

 iPhone同士で利用できる無料通話アプリ「FaceTime」。現在でもビデオ通話をすることはできるが、iOS 15ではこのFaceTimeの機能を拡張して、「Zoom」のように複数のユーザーが同時に参加してビデオ会議ができるようになる。また、FaceTimeリンクを使うと、カレンダーアプリで事前予約を入れて、他のユーザーを招待することも可能だ。さらに、FaceTimeがAndroidやWindowsパソコンでもブラウザで動作するようになるため、「FaceTime=iPhoneユーザーのみ」という縛りもなくなるのである。

(Image:apple.com)

FraceTimeでビデオ会議が可能に! しかも、AndroidやWindowsパソコンユーザーも参加できるので、もうZoomはいらなくなるかも!?

「SharePlay」で動画や音楽を友だちと共有できる

 iOS 15の新機能「SharePlay」を使うと、Facetimeで通話しているときに、再生している動画や音楽などを共有できるようになる。つまり、同期されたコンテンツを共有して、友だちと一緒に映画や音楽などを楽しむことができるのだ。ちなみに、SharePlayでは、ブラウザ、写真はもちろん、Apple AirPlay、AppleTV、Apple Music、Disney+、ESPN+、HBOMax、Hulu、TikTokといったストリーミングコンテンツも視聴できるようになっている。

(Image:apple.com)

友だちとFaceTimeで一緒に動画を共有できるようになる。また、音楽やフォトアルバムなども自由に共有できる

iOS 15で注目したい新機能まとめ! iPhone 6sや第1世代SEにも対応するのが凄いのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOS 15iPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。