iOSアプリ個人情報収集量ランキングが発表、同率1位の3アプリにはまさかの共通点!

読者の方々は、日ごろ使っているアプリがどれだけの個人情報を収集しているかをご存知だろうか。もしかすると、あなたが思っている以上に収集されているかもしれない。2020年12月からアップルがiOS上でアプリの収集する情報を記載する「プライバシーラベル」の表示を義務づけて以降、一目で収集している情報がわかるようになった。では、その収集量が最も多いアプリは何なのだろうか…。今回は、そんなプライバシーラベルを基にした、各アプリの個人情報収集量についてお伝えしていきたい。

収集量トップはFacebook系アプリが3種独占!

(Image:rafapress / Shutterstock.com)

TOP3を独占の「Messenger」「Facebook」「Instagram」、ちなみにWhatsAppもFacebook, Inc.が所有

 VPN サービス会社のSurfsharkが独自に調査したところによると、iOSアプリの中で個人情報の収集量が多い傾向が強かったのは「ソーシャルメディア」と「フードデリバリー」ジャンルのアプリだったという。逆に収集量が平均的に少ないのは「ブラウザ」「画像編集」といったアプリになるとされている。

 また、Surfsharkは情報収集量のランキングも公表。200を超えるiOSアプリが、プライバシーラベルに表示されている32のデータタイプのうち何個の情報を読み取っているのかも明らかにした。
 その中で1位には、なんと32個全ての情報を収集する3つのアプリが同率で並んでいる。全情報を集めているアプリが3つもあることだけでも驚愕の事実だが、加えてそのアプリが「Messenger」「Facebook」「Instagram」と、全てFacebook傘下のサービスというのも驚かざるを得ない。この3アプリの次点となる4位には「LINE」「Amazonショッピング」などのアプリが並んでいるが、その収集量は26個。この差で、32個全てを集めているFacebook系列のアプリがどれだけ異様なことか伝わるのではないだろうか。

iOSアプリ個人情報収集量ランキングが発表、同率1位の3アプリにはまさかの共通点!のページです。オトナライフは、【SNSAppleFacebookInstagramiOSiPhoneMessengerランキング個人情報】の最新ニュースをいち早くお届けします。