人間不信になりそう…転職活動がバレた理由ランキング、「きっかけ」が怖すぎる!

「転職活動に関する意識調査」で、転職活動がバレてしまった人を対象にしたアンケートが行われた。 今でこそ珍しくない転職だが、バレてしまうと「会社に居づらくなった」と感じる人が大半のよう。さらに、バレた理由を見ていくと中にはゾッとするような経験もあった。転職にあたり人に話したくなることも多いだろうが、最後まで自分のペースで転職を進めるためにも相談相手は考えたほうがよさそうだ。

転職ばバレた理由1位は「転職活動中の姿を見られた」

(Image:media.bizhits.co.jp)

基本的には公休日を使うという人が40%以上だ(ビズヒッツ調べ)

 株式会社ビズヒッツが転職活動がバレてしまった経験のある257人を対象に「転職活動に関する意識調査」を行なった。
 終身雇用が一般的だった昔とは違い、転職は珍しいことではない。それでも、アンケートによると転職活動は公休日を使って行なっているという回答が第1位を占め、そのあとに有給休暇、退勤後が続く。公休日や退勤後の空いた時間を使ってなるべく在籍している会社に転職活動について知られることなく活動したい思う人が大半のようだが、そうはいかない場合に有給休暇を使わざるを得ないのだろう。
 しかし「壁に耳あり障子に目あり」ということわざもある。気を遣って隠しているつもりでも、いつもと違う行動はバレてしまうものだ。転職活動がバレた理由のランキング1位は「転職活動中の姿を見られた」、2位は「一部の人に打ち明けたら広まった」、3位は「休みが多くなった」となっている。

人間不信になりそう…転職活動がバレた理由ランキング、「きっかけ」が怖すぎる!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスランキング転職転職活動】の最新ニュースをいち早くお届けします。