みんなが使っている仮想通貨取引所はどこ? 3位「GMOコイン」2位「bitFlyer」1位は?

近年、世界的に認知が広まっている暗号資産(仮想通貨)。日本国内でも暗号資産を売買できる仮想通貨取引所が多数登場してきており、多くのユーザーが取引を行っているようだ。では、数ある仮想通貨取引所の中でどのサービスが人気なのだろうか。今回はあるアンケート結果から見えてくる人気の取引所と、その人気の要因についてお伝えしていきたい。

最も使われている仮想通貨取引所は?

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

渋谷の街でも目立つ場所で仮想通貨取引所の広告が打たれている

 現在世の中で取引されている暗号資産は多くの銘柄が存在する。暗号資産の代表格でもある「ビットコイン」は、一般人にも知名度が高く「暗号資産・仮想通貨=ビットコイン」という認識を持っている人もいるのではないだろうか。他にも「イーサリアム」「テザー」など様々な銘柄があり、取引所によっても取り扱っている銘柄が異なるという特徴がある。

 金融情報メディア・お金の知恵袋は6月8日、5月に実施したインターネットアンケート調査「メインで利用している国内暗号資産(仮想通貨)取引所はどこ?」の結果を公開した。その内容によれば、2位となった取引所は「bitFlyer」、3位には「GMOコイン」がランクイン。以降も4位「DMM Bitcoin」、5位「楽天ウォレット」といった顔ぶれが並び、大手グループのサービスが多数見られた。

みんなが使っている仮想通貨取引所はどこ? 3位「GMOコイン」2位「bitFlyer」1位は?のページです。オトナライフは、【マネーbitFlyerCoincheckDMM BitcoinGMOコインビットコイン仮想通貨仮想通貨取引所】の最新ニュースをいち早くお届けします。