どうして中国は年間1億本もの日本製ボールペンを輸入するのか?

6月8日、興味深い話題が中国のポータルサイト「綱易」で取り上げられた。中国では、毎年1億本もの大量のボールペンを日本から輸入しているという。ものづくりで考えれば日本製のボールペンよりも中国製のほうが圧倒的に安価なはずなのに、どうして国産品よりも日本の製品が選ばれているのか、その理由を探っていこう。

中国製品は日本製の60年遅れ!?まったく異なるボールペンのスペック

日本製ボールペンがスムーズな書き味であるのは、当然の機能のようになっている

 ボールペンと言えば、キャラものやスタイリッシュなものなど、様々なデザインのものが思い浮かぶ。さらには、ペン先が0.38mmの極細のものや、加圧により寝転がりながらでも書くことができるもの、インクがラメ入りで筆跡がぷっくりふくらむものなど、小さな一本のペンに高い技術力が詰まっていて、ボールペンマニアなんかもいたりするほど夢のある商品だ。消せるボールペンが登場したのはここ15年ぐらいの話で、各メーカーは毎年しのぎを削って新しい商品を開発し続けている。……というのは日本の話で、どうやら中国ではまったく事情が異なるようだ。

 中国製のボールペンは「半分くらい使ったら、理由もなくインクが出なくなる」という。さらに、書いているときに引っかかりを感じたり、インク溜まりやにじみが頻繁に発生してしまったり、中性ボールペンの耐水性が低いため、わずかな水滴が付いてもインクが流れてしまったりする問題が起きるのだそう。中国製ボールペンには、本体にもインクにも問題が多いようだ。ネット上では「中国製のボールペンの現象は昭和30年代の日本製と同じ」などの指摘があり、技術が日本の60年ほども遅れているのだとか。

どうして中国は年間1億本もの日本製ボールペンを輸入するのか?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフボールペン中国文房具日本製】の最新ニュースをいち早くお届けします。