【Twitter】返信(リプライ)を「非表示」にする方法! 解除方法も解説

Twitterにはタイムラインで特定の返信(リプライ)を非表示にする機能がある。この記事では、返信の非表示とミュートの違いや、非表示にする機能の使い方、非表示にした返信を再表示したい場合の非表示の解除方法などについて詳しく解説する。

【Twitter】リプライ(@返信)非表示とは?

(Image:Christian Bertrand / Shutterstock.com)

 Twitterには@返信のリプライを非表示にする機能がある。Twitterの返信の非表示機能とはどのようなものなのかまずは解説する。

・タイムライン上で特定のリプライを非表示にする機能

 Twitterでの返信の非表示機能とは、タイムライン上で特定の返信を表示せずに非表示にする機能である。非表示設定した返信は、設定後にはタイムライン上には表示されないので、目にしなくてすむ。

・ミュートとの違い

 Twitterには返信に対するミュートという機能もある。「この会話をミュート」をオンにすると、その会話に対する返信の通知を受け取らないようになる。返信が非表示になる訳ではない。ツイートがバズって大量の返信が届く場合など、その都度通知を受けていたら大変な時などに、ミュートにすると通知されなくなるので快適になる。

【Twitter】返信を「非表示」にする方法

  Twitterで返信を非表示に設定する方法を解説する。

【使い方①】非表示にしたい返信を表示する

 Twitterのタイムラインで、非表示にしたい返信を表示する。

【使い方②】右上にある「v」をタップする

 返信の右上の「∨」もしくは「…」をタップする。

ツイートの設定をするためのボタンをタップする

 なお、Twitterの公式マニュアルでは「∨」であるが、筆者のPCやスマホでは「…」である。

【使い方③】表示メニューにある「返信を非表示にする」をタップする

 表示されたメニューで返信の非表示の設定を行う。

メニューの「返信を非表示にする」をタップする

ツイートを非表示にする確認画面が表示される。「返信を非表示にする」をタップするとその返信が非表示設定になる

【Twitter】返信(リプライ)を「非表示」にする方法! 解除方法も解説のページです。オトナライフは、【SNSTwitterリプライ】の最新ニュースをいち早くお届けします。