【Twitter】グループDMとは? 作り方や使い方など解説!

【Twitter】グループDMの作り方/使い方

 TwitterのグループDMの作り方について解説する。なお、TwitterのグループDMではグループDMを開設したユーザーがそのグループDMの管理者となる。

【方法①】グループDMを作る

 TwitterでグループDMを作る方法を紹介する。

TwitterでグループDMを作るには、通常のDMと同様に「メッセージ」をクリックする

TwitterのDM画面が表示されるので、新規DMボタンをクリックする

TwitterのDM作成画面が表示されるので、グループDMに追加したいユーザーを選択する

グループDMに追加したいユーザーを全員選択したら「次へ」をクリックする

これでTwitterのグループDMが完成して、グループDM上部にグループDM参加者が表示される

グループDMを使うには、この状態で「新しいメッセージを作成」の部分にメッセージを入力してグループDMを作成する。なお、初期状態ではグループDMの名前は参加者名になっているので変更する場合は次項を参考にしてほしい

【方法②】グループ名を作る

 前述した方法でTwitterのグループDMを利用することはできる。しかし、このままの状態だと、グループ名が未設定のため参加者の名前が表示されている。グループDMが複数になってくると、グループ名で判別が使いないので不便だ。グループDMのグループ名を変更する方法を紹介する。

グループDMのグループ名を変更するには、グループDMを開きグループDM右上にある「i」アイコンをクリックする

グループDMの設定画面が表示されるので、グループ情報下部のグループ名が表示されている部分右側にある「編集」をクリックする

新たにグループDMの名前を設定する画面が表示される。任意のグループ名を入力しよう

TwitterのグループDMではグループ名以外にも、グループのアイコン画像を設定できる。アイコン画像を設定したい場合には、グループ名上部に表示されているアイコン画像をクリックして、画像を選択しよう

ループ名や画像をグ設定することができたら「保存」をクリックする

【方法③】グループに招待する

 TwitterのグループDMは作成後にもメンバーを追加することができる。グループDMへメンバーを新たに紹介する方法を紹介する。

グループDMへ新たにメンバーを招待するには、グループ名を変更するときと同様の方法でグループの詳細画面を表示して、アカウントの欄にある「参加者を追加」をクリックする

新たに追加したいユーザーを検索できるので、ユーザーを検索して「追加」をクリックする。これでグループDMへユーザーを招待できる。なお、招待されたユーザーが実際にグループDMへ参加するまでは、招待されたユーザーはグループDMに追加されない

【Twitter】グループDMとは? 作り方や使い方など解説!のページです。オトナライフは、【SNSDMTwitterTwitterの使い方グループDM】の最新ニュースをいち早くお届けします。