【Twitter】グループDMとは? 作り方や使い方など解説!

【Twitter】グループDMの退出/削除方法

 グループDMから抜けるときには退出・削除操作が必要だ。TwitterのグループDMから退出・削除する方法について解説するので参考にしてほしい。

・退出方法

 TwitterのグループDMから退出・削除するための退出・削除操作について方法を紹介する。

グループDMから退出・削除するには、退出・削除したいグループDMを開いてグループDM名横の「i」というアイコンをクリックする

グループDMの情報が表示されるので退出・削除する場合には「会話を削除する」をクリックする。これでグループDMから退出・削除することができる

【Twitter】グループDMの管理者を変更する方法

 TwitterのグループDMの管理者を変更する方法について解説する。はじめに、TwitterのグループDMでは管理者を変更する方法は提供されていない。そのため、管理者を変更する場合には現在の管理者がグループDMから退出・削除して、もう一度グループDMに入り直す変更方法で管理者の変更を行う。
 TwitterのグループDMでは、管理者がいなくなった場合その時点で最も古くからグループDMに所属していたユーザーに管理者が変更される。(管理者の変更時、管理者になるユーザーは選択できない。)これを参考にして任意のユーザーを管理者にすることもできるが、この変更方法はかなり面倒なため、新たにグループDMを作成することをオススメする。

【Twitter】グループDMを使うメリット/デメリット

 これまでTwitterのグループDMの紹介、グループDMの作り方・使い方についての解説を行ってきた。最後に、グループDMを使うメリット・デメリットについて解説する。グループDMの使用を検討している方はぜひメリット・デメリットを参考にしてほしい。

・メリット

 グループDMを使うメリットの一つに、Twitterでしか繋がりのないユーザー同士でグループを作ることができるというメリットがある。Twitterを同じ趣味を持った人たちとのつながりに利用している方も多い。そのような方々の中には、趣味以外では繋がりがなくTwitterのみでつながっている場合が多い。このような場合に、Twitter上でグループDMを利用することで他の連絡先を交換しなくて良いというメリットがあるのだ。
 さらに、TwitterのグループDMはフォローしていないユーザーや鍵アカウントのユーザーも追加することができるので、軽いつながりのユーザーとも気軽にやり取りができるので、あまりやり取りの無いユーザー同士で気軽に話すことができるのが特徴だ。

・デメリット

 TwitterのグループDMのデメリットとして、グループDMでは基本的にテキストと画像のやり取りしか行えないので、メッセージアプリのグループのように通話などは行えないというデメリットがある。
 グループDMのデメリットとして、管理者の変更が面倒というデメリットもある。管理者の変更方法でも紹介したように正式な管理者の変更方法は提供されていない。そのため、前述した面倒な方法を行う必要がある。

※サムネイル画像(Image:Sattalat Phukkum / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Twitter】グループDMとは? 作り方や使い方など解説!のページです。オトナライフは、【SNSDMTwitterTwitterの使い方グループDM】の最新ニュースをいち早くお届けします。