Gmailに届いているはずのメールが見当たらない! 勝手に迷惑メール扱いされたときの対処方法

アナタは、「Gmail(ジーメール)」に届いているはずのメールが見当たらないといった経験はないだろうか? Gmailは非常に強力な「迷惑メールフィルタ」を搭載しており、スパムやフィッシングメールを排除してくれるが、その迷惑メールフィルタが、時々、必要なメールまで迷惑メール扱いしてしまう場合もある。そんなときは、いったいどう対処したらいいのだろうか? そこで今回は、Gmailの設定を変更して、必要なメールを勝手に迷惑メール扱いされないようにする方法を紹介しよう。

多分、届かないメールは「迷惑メール」フォルダにある

(Image:Jarretera / Shutterstock.com)

 パソコンやスマホでも手軽に利用できるWebメールの代表格といえば、やはり「Gmail(ジーメール)」だろう。とくにAndroidスマホでは必須のアカウントになっているので、複数のGmailアカウントを使い分けている人も少なくないはずだ。しかし、長年Gmailを使っていると、時々、絶対に届いているはずのメールが見当たらないときがある。これはいったいどういうことなのか?

 実は、Gmailには非常に高度な「迷惑メールフィルタ」が搭載されており、自動的にスパムやフィッシングメールを排除してくれている。これはとてもありがたい機能なのだが、稀に必要(安全)なメールを「迷惑メールフィルタ」が“危険なメール”だと判断してしまうことがあるのだ。この場合は必要なメールが受信トレイではなく「迷惑メールフォルダ」に振り分けられているので、もし、“届いているはずのメールが見つからない”、“なかなかメールが届かない”と思ったときは、迷惑メールフォルダを確認してみよう。おそらく、そのなかに目的のメールが振り分けられているはずだ。

もし、届いているはずのメールが見当たらないときは、Gmailの「迷惑メールフォルダ」を確認してみよう。恐らく間違って迷惑メールフォルダに振り分けられているはずだ

ドメイン登録して迷惑メールと判断されないようにする

 もし、必要なメールなのに迷惑メールに振り分けられてしまった場合は、Gmailの設定で、今後は送信元のドメインが迷惑メールに振り分けられないように設定しておこう。「ドメイン」とは、メールアドレスの「@」以降の文字列のこと。たとえば、「yamada-t@otonalife.com」というメールアドレスなら@から後ろの「otonalife.com」の部分がドメインとなる。したがって、Gmailでドメイン指定のフィルタを作り、そのドメイン(送信元)からのメールは「迷惑メールにしない」に設定しておけば、今後はGmailに迷惑メール扱いされず、ちゃんと受信トレイに送られるようになるというわけだ。ただし、このドメイン指定によるフィルタはパソコン版のGmailでしか設定できないので、スマホでの対処法については後述する。

ドメインのフィルタ処理はパソコンのGmailで行う。まず、Gmailの右上にある歯車アイコンから「すべての設定を表示」を選択(上写真)。「設定」画面では「フィルタとブロック中のアドレス」タブから「新しいフィルタを作成」をクリックしよう(下写真)

フィルタの登録画面では「From」に「@」以降のドメインを入力し、「添付ファイルあり」にチェックを入れて「フィルタを作成」を押す(上写真)。「迷惑メールにしない」にチェックを入れて「フィルタを作成」をクリックしよう(下写真)

Gmailに届いているはずのメールが見当たらない! 勝手に迷惑メール扱いされたときの対処方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGmailGoogle迷惑メールフィルタ】の最新ニュースをいち早くお届けします。