Twitterが「巻き込みリプ」のストレスを排除する新機能「Unmention」を公開

ツイッターのプロダクトデザイナーであるDominic Camozzi氏が、他の人のツイートから自身へのメンションを削除できる「Unmention」機能を公開した。この機能によって、いったい何をどこまで制限できるようになるのだろうか。実は多くのユーザーを悩ます“あの行為”を制限することができるようになるのだ。以下でこの機能について詳しく見ていこう。

他の人のツイートの自分のメンションが削除可能に!

(Image:viewimage / Shutterstock.com)

相手へのお伺いなしで自分のメンションがコントロールできるようになる

 読者の皆さんは「巻き込みリプ」をした・されたことはあるだろうか。巻き込みリプとは、ツイッター上で@付きのツイートに対して、第三者が“全員返信”でリプライしてしまうことにより、結果的に会話とは関係のないユーザーにリプライの通知が届いてしまうことを指す。関係ない通知が届けばちょっと迷惑と思うくらいだろう。しかし、あまりに連続して届くようなら、通知をオフにするかどうかを検討するかもしれない。

 巻き込みリプしてしまうのを防ぐ方法は、返信する際にあらかじめ無関係になると思われるユーザー名を削除してツイートするという、いたってシンプルなもの。ちょっと気をつけていれば無くなりそうなものだが、これまでツイッターユーザーの地味なストレスにもなっていた。
 ツイッターは、2020年に「誰が返信できるかを制限できる機能」を追加していたが、他の人のツイートにまで立ち入って制限できる点が「Unmention」の新しいところだ。例えば、誰かが自分へのメンション付きでツイートした場合、そのツイートからメンションを削除し、それ以降はそのスレッドで自身へ言及できなくすることができる。また、特定の人が数日間だけ自分にメンションできないように設定することも可能。ブロックするまでではないという場合にぴったりの機能だ。

Twitterが「巻き込みリプ」のストレスを排除する新機能「Unmention」を公開のページです。オトナライフは、【SNSTwitterUnmention巻き込みリプ】の最新ニュースをいち早くお届けします。