フリマアプリの「偽物・模造品」バレて通報されても出品続く実態明るみに

九州を中心に展開する「西日本新聞」のフリマアプリの実情をあばいた記事が大きな反響を呼んでいる。記事内では同紙に寄せられた情報をもとに、“模造品”を販売するユーザーと売買を行い、さらに直接コンタクトを取った様子が詳細に語られている。今回は、フリマアプリ上で行われている悪徳ユーザーの偽物を販売する手口についてお伝えしていきたい。

取材記者が模造品とみられる商品の出品者を直撃!

(Image:ElRoi / Shutterstock.com)

SDカードは様々な場面で使われる便利な記憶媒体だ(写真はイメージです)

 西日本新聞「あなたの特命取材班」は6月14日、「買って届いた模造品、通報しても続く出品…フリマアプリの実情は」と題した記事を投稿した。取材の発端はコーナーに寄せられた「フリマアプリで模造品のSDカードを購入させられ、指摘後も出品が続いている」という情報だという。

 取材班は5月中旬に大手フリマアプリ「メルカリ」で、実在するSDカードなどの製造メーカーを謳う新品未使用の1TB(テラバイト)のSDカードを、通常より格段に安い2,111円で購入している。商品説明には「海外製品のため、購入する場合は自己責任で」と書かれていたようだ。すると手元に届いたSDカードには「2TB」と表記されており、メーカーに問い合わせると「2TBの製品は扱っておらず、フォントや塗装の色も粗く偽物だと思われる」と回答が返ってきたという。
 その返答をもとに取材班が「偽物ではないか」と問い合わせたものの、出品者は「どんなメーカーでも不良品はある。購入者様の確認不足」だと主張し模造品と認めず、商品を返送し“取引キャンセル”で無かったことにするよう提案してきたという。
 ちなみに、取材班がSDカードの容量を計測すると、2TBでも1TBでもなく、わずか14.5GBだったという。盛りすぎにもほどがある。

フリマアプリの「偽物・模造品」バレて通報されても出品続く実態明るみにのページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフリマアプリ偽物模造品】の最新ニュースをいち早くお届けします。