【iPhone 6s】SIMロックを解除する方法を解説! できないときの対処法も紹介

iPhone 6sはSIMロック解除をすれば、購入時とは違うキャリアも利用できるようになる。この記事では、NTTドコモ、au、ソフトバンク、それぞれのキャリアでのiPhone 6sのSIMロック解除方法と、SIMロック解除できない場合の対処方法など解説する。

【iPhone 6s】SIMロックを解除する方法【キャリア別】

 2015年に発売されたiPhone 6sは、2018年にはApple Storeでの販売が終了している。しかし、iPhone 6sはApple社が初めて、脱獄しなくてもiPhoneの正式な機能としてSIMロック解除を可能にしたiPhoneということで、現在でも中古市場で需要のある人気の端末である。

 SIMロックとは、NTTドコモやau、ソフトバンクの大手携帯電話会社が、自社で販売したiPhoneを他の回線では使えないように、電話番号やモバイルデータ通信の情報が搭載されているSIMの利用に制限をかけることである。

自社の回線しか利用できないようにすることで、ユーザーの囲い込みを行うことと、端末の分割払いを最後までしてもらうようにするために、以前はSIMロックは普通であった。しかし、格安SIMが普及し乗り換えるユーザーが増えたことや、回線の選択の自由がユーザーにあるということで、現在販売されている端末はSIMロックがかかっていても、一定の条件で解除できるのが普通になっている。

iPhoneではiPhone6までは、Apple社の利用規約に反する、脱獄と呼ばれる基盤の改造をしなければSIMロック解除できなかったが、iPhone 6sからは正式な手続きを踏めば、脱獄しなくてもSIMロック解除ができるようになった。

この記事では、iPhone 6sユーザーが格安SIMなど携帯電話会社を変更したい場合や、中古品として買い取りしてもらう条件がSIMロック解除してあることで、SIMロック解除をしておきたいという方のために、NTTドコモ、au、ソフトバンク、それぞれのキャリアのSIMロック解除方法と、SIMロック解除できない場合の対処法、SIMロック解除は買い取り価格に影響するのかどうかなどを解説する。

SIMロック解除するためには、iPhone 6sのIMEI(端末固有番号)が必要である。iPhone 6sの「設定」アプリから調べておこう。

iPhone 6sの「設定」アプリの「一般」>「情報」と進む

iPhone 6sの「情報」の中にIMEIが記載されている

IMEIがわかったら、まずは、携帯キャリア別のiPhone 6sのSIMロック解除方法を見ていこう。

・【方法①】NTTドコモの場合

3大キャリアの一つであるNTTドコモで購入したiPhone 6sのSIMロック解除方法である。NTTドコモで購入したiPhone 6sをSIMロックするための条件は次のいずれかである。

 ●iPhone 6sの端末料金を一括払いで支払ったのなら購入直後にSIMロック解除が可能
 ●分割払いの場合は、購入後100日を経過すればSIMロック解除が可能

NTTドコモではどのような支払い方法を選択したとしても、購入後100日を経過しているiPhone 6sであればSIMロック解除が可能である。

NTTドコモでのiPhone 6sのSIMロック解除の方法は次の通り3つある。

 ●Webからの申込み(無料)
 ●電話での申込み(手数料3,300円)
 ●店頭での申込み(手数料3,300円)

それぞれ詳しく見ていこう。

WebからのSIMロック解除の申込みの場合の手順は次のとおりである。

1. 「My docomo」へアクセスしてログインする
2. 「ドコモオンライン手続き」から「SIMロック解除」を選択する
3. IMEIを入力する
4. 「SIMロック解除を申し込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックを入れる
5. 確認メールの送信先を指定して「次へ」をクリックする
6. 「手続完了」をクリックしてSIMロック解除の手続完了

電話でのSIMロック解除の申し込み手続きの方法は、受付窓口(NTTドコモ携帯からなら「151」、その他の電話番号なら「0120-800-000」)に電話を掛ければ手続きができる。受付時間は午前9時から午後8時までだ。

店頭でSIMロック解除の申込みをする場合には、身分証明証(免許証・住民票など)とSIMロック解除したいiPhone 6sをドコモショップへ持参して、SIMロック解除したい旨をスタッフに伝えれば手続きしてもらえる。

・【方法②】auの場合

こちらも3大キャリアのauで購入したiPhone 6sのSIMロック解除方法を解説する。auで購入したiPhone 6sをSIMロック解除する条件は次のとおりだ。

 ●iPhone 6sの端末料金を一括払いで支払ったのなら購入直後にSIMロック解除が可能
 ●分割払いの場合は、購入後100日を経過すればSIMロック解除が可能

auでのiPhone 6sのSIMロック解除の方法は次の通り2つある。

 ●Webからの申込み(無料)
 ●店頭での申込み(手数料3,300円)

auでSIMロック解除するための2つの方法をそれぞれ詳しく見ていこう。

WebからSIMロック解除する手順は次のとおりである。

1. 「My au」へアクセスしてログインする
2. 「SIMロック解除の可否判定」に入りiPhone 6sのIMEIを入力してSIMロック解除可能端末か確認する
3. 「SIMロック解除申込み」をクリックする
4. SIMロック解除したいiPhone 6sの電話番号回線を選択する
5. auで設定した「ネットワーク暗証番号」を入力して、表示されたIMEIが正しいか確認する
6. SIMロック解除の注意事項を確認して、解除理由を選択する
7. 「この内容を申し込む」をクリックするとSIMロック解除手続きが完了する

店頭でSIMロック解除の申込みをするのなら、身分証明証(免許証・住民票など)とSIMロック解除したいiPhone 6sをauショップへ持参する。auショップのスタッフにSIMロック解除したい旨を伝えると手続きをしてもらえる。

・【方法③】ソフトバンクの場合

3大キャリアにはソフトバンクもある。ソフトバンクで購入したiPhone 6sのSIMロック解除方法を解説する。ソフトバンクで購入したiPhone 6sをSIMロックするための条件は次のいずれかである。

 ●iPhone 6sの端末料金を一括払いで支払ったのなら購入直後にSIMロック解除が可能
 ●分割払いの場合は、購入後100日を経過すればSIMロック解除が可能

ソフトバンクでもどのような支払い方法を選択したとしても、購入後100日を経過しているiPhone 6sであればSIMロック解除が可能である。

ソフトバンクでのiPhone 6sのSIMロック解除の方法は次の通り3つある。

 ●Webからの申込み(無料)
 ●ソフトバンクの店頭での申込み(手数料3,300円)

それぞれ詳しく見ていこう。

WebからのSIMロック解除の申込みの場合の手順は次のとおりである。

1. 「My SoftBank」へアクセスしてログインする
2. 「契約・オプション管理」から「SIMロック解除手続き」を選択する
3. 「製造番号(IMEI番号)の入力」にIMEIを入力する
4. 「解約手続きをする」をクリックするとSIMロック解除の手続完了

店頭でSIMロック解除の申込みをする場合には、身分証明証(免許証・住民票など)とSIMロック解除したいiPhone 6sをソフトバンクのショップへ持参して、SIMロック解除したい旨をスタッフに伝えれば手続きしてもらえる。

【iPhone 6s】SIMロックを解除する方法を解説! できないときの対処法も紹介のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidauiPhoneiPhone 6sNTTドコモSIMロックSIMロック解除ソフトバンク】の最新ニュースをいち早くお届けします。