20代のクレカ利用額は少額だが、支払い滞納経験者の割合が意外に高い「13.8%」と判明!

読者の方々は1ヶ月にどれだけクレジットカードを使っているだろうか。現状でお金を持っていなくても、期日までに必要な金額が引き落とし口座に入っていればいいだけに「うっかり使いすぎて滞納してしまった…」なんて経験をお持ちの方も、中にはいるかもしれない。今回は、20代ユーザーを対象としたクレカの使い方に関する調査の内容についてお伝えしていきたい。

20代クレカユーザーの過半数は月の支払い額が10万円未満

クレジットカードを5枚以上所持する人は4%存在する(タンタカ調べ)

「1万円~3万円未満」が最多だが、「5万円~10万円未満」も22.2%と比較的高い(タンタカ調べ)

 株式会社タンタカの運営するお金に関するメディア「お金を借りる即日融資ガイド110番」は6月16日、20代男女500人を対象として6月に実施した「クレジットカードの使い方」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 それによれば「クレジットカードを持っている枚数」の1位は「1枚」38.4%だった。さらに2位には「2枚」が32.6%、3位は「3枚」19.0%という結果となった。1~2枚が全体の70%を超え、3枚まで含めるとほぼ90%が該当する結果となった。
 また「月々クレジットカードを使う金額」については、「1万円~3万円未満」の回答が23.6%で最多に。続いて22.2%が「5万円~10万円未満」に該当することも明らかとなっている。この結果から、65%近くが一桁万円台に収まることがわかる。20代前半の頃であればまだ収入も上りはじめたばかりで、さほど思い切った買い物が難しい年頃と言えるのかもしれない。よく言えば堅実な支払い方法だ。

20代のクレカ利用額は少額だが、支払い滞納経験者の割合が意外に高い「13.8%」と判明!のページです。オトナライフは、【マネークレカ支払い滞納】の最新ニュースをいち早くお届けします。