「20年後のiPhoneはどうなっている?」踏み込んだ記者の質問にアップルCEOが驚きの回答!

「20年後のiPhoneは、iPhone 12よりは優れていると思います(笑)」。これは、「20年後のiPhoneは、どのような進化を遂げていると思いますか?」という質問に対する、アップルのティム・クックCEOの回答だ。フランスで開催されたテクノロジー関連のイベント「VivaTech2021」で行われたリモートインタビューでの内容で、他にもプライバシー保護についての考え方や、未来の技術についてなど盛りだくさんの内容が語られ、映像が公開されている。

プライバシー保護を重要視する姿勢をアピール

個人情報がお金になる時代においても、アップルはプライバシー保護への強固な姿勢を崩さない

 クックCEOは6月16日から開幕したイベントの初日に登場。インタビューの冒頭では新型コロナウイルス感染症に対するアップルの取り組みについて聞かれ、グーグルと協力して接触通知APIを開発したことや、医療用フェイスシールドを開発して週100万枚ペースで配布しているなど、アップルの対応を強調した。
 その後、プライバシー保護について聞かれると、「プライバシーを基本的人権とみなし、設立以来40年以上にわたってプライバシーの保護に積極的に取り組んできました。スティーブ(スティーブ・ジョブズ)は、『ユーザーのプライバシーに関わる動作を行う際は許可を求めるべき』と何度も言っていました。私たちも、その方針を継続しています」とプライバシー保護を重要視している姿勢をアピールした。個人情報の保護を目的にEUで制定された「EU一般データ保護規制(GDPR)についても賛同し、強力なプライバシー保護のためには各国政府と民間企業が協力する必要があると言及。アップルの協力姿勢をアピールする一方で、ビックテックの市場独占を規制するべく提案された「デジタル市場法(DMA)」については、セキュリティの観点から異論を示した。DMAはiPhoneにApp Store以外で提供されているアプリもインストールできるようにすることを求める提案が盛り込まれており、iPhoneのセキュリティが壊されてしまうと主張した。

「20年後のiPhoneはどうなっている?」踏み込んだ記者の質問にアップルCEOが驚きの回答!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。