回転寿司業界トップ「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ!

コロナ対策成功のスシローが引き続き独走か

(Image:InfantryDavid / Shutterstock.com)

スシローはコロナ禍も臨機応変に対応し、業界トップの座を守り続けている

 多くの飲食店が苦境に立たされるなか、快進撃を続けているのがスシローだ。2020年9月期には、コロナ禍にも関わらず過去最高の売上高を記録した。絶好調の背景には、ネタそのもののおいしさはもちろん、コロナ禍の戦略の成功がある。デリバリーへの対応、デジタルトランスフォーメイションを活用したコロナ禍に合わせた店舗作りともう一つ。コロナ禍で「都市型店舗」と「テイクアウト専門店」の展開に力を入れており、従来のロードサイド型の店舗ではリーチできない顧客の獲得を目指したのだ。上期に出店した店舗はどれも好評で、ますますスシローの存在感が高まりそうだ。
 スシローは、2021年4月1日に社名を株式会社FOOD & LIFE COMPANIESに変更。海外を見据えた社名にすることでその意識を内外に知らしめていた。これまでも台湾、韓国、香港、シンガポールに進出していて2021年3月のタイの首都バンコク進出では、オープン日に1,000人を超える来店があったことで、現地でも大きな話題となった。タイでは数年前から日本食ブームが続いているため、スシローも多店舗展開していくことになるだろう。
そして次に同社が狙うのは中国だ。2020年12月に広東省広州市に新会社を設立し、2021年中に一号店を出店させるべく準備を進めているという。世界一の巨大市場で成功すれば、スシローは回転寿司界の王者の地位を盤石のものとしそうだ。
 果たして今後、スシローの王座を脅かすライバルは現れるのだろうか。回転寿司チェーン各社の動向から目が離せない。

参考元:スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 国内市場が先細るいま”日本食ブーム”の海外市場が秘める可能性【BLOGOS

※サムネイル画像(Image:MeSamong / Shutterstock.com

回転寿司業界トップ「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ!のページです。オトナライフは、【グルメスシロー回転寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。