【iPhone】画面ロック解除の裏ワザ的な方法を解説

iPhoneの画面ロックを解除する方法について解説する。また、iPhoneの画面ロックを解除する方法については裏ワザ的方法もあるのでその方法についても合わせて紹介する。iPhoneのロックでお困りの方や興味のある方はぜひ参考にしてほしい。

【iPhone】画面のロック解除の一般的な方法

(Image:PIMPAN / Shutterstock.com)

 iPhoneの画面ロック解除方法について、本記事では一般的な画面ロック解除方法だけでなく裏ワザ的な画面ロックの解除方法についても紹介する。裏ワザ的なロック解除方法について気になる方も多いかと思うが、実はiPhoneの画面ロック解除の一般的方法についても4つの方法がある。多くの方は1つもしくは2つの画面ロック解除方法しか利用していない。
 まずは、iPhoneの画面ロック解除方法について一般的な画面ロック解除方法を紹介するので参考にしてほしい。なお、一部画面ロック解除方法についてはその画面ロック解除方法を利用できるiPhoneと利用できないiPhoneがあるので注意してほしい。

【方法①】パスコードを入力する

 最も一般的な画面ロック解除方法であり、すべてのiPhoneで利用できる画面ロック解除方法に「パスコード」による画面ロック解除方法がある。パスコードによるiPhoneの画面ロック解除方法では、あらかじめ設定したiPhoneの画面ロック用のパスコードを入力することで画面ロックを解除する方法だ。後述する指紋認証・顔認証機能がどちらも搭載されていないiPhoneを含めてすべてのiPhoneで利用できる画面ロックの解除方法である。
 iPhoneにおいてパスコードによる画面ロック解除方法は、後述するすべての画面ロック解除方法と併用されるものであり、後述する画面ロック解除方法が利用できない場合に利用するメインの画面ロック解除方法となっている。
 なお、iPhoneのパスコードによる画面ロックについて、パスコードの桁数は4桁・6桁(デフォルト)・無制限に設定することができるので、自分の使い方やセキュリティポリシーに合わせてパスコードの長さを選択することができる。また、iPhoneのパスコードでは一般的に数字のみが利用されるが、設定することでパスコードに数字以外の文字を利用することもできる。

iPhoneにおいて最も一般的な画面ロック解除方法がパスコードによる画面ロック解除方法だ。後述する指紋認証や顔認証による画面ロック解除方法の場合でも、パスコードによる画面ロック解除方法は併用され、指紋認証や顔認証が行えないときにはパスコードを入力することで画面ロックを解除することになる

【方法②】指紋認証を利用する

 iPhoneの画面ロック解除方法として指紋認証である「Touch ID」を利用する方法がある。このiPhoneの画面ロック解除方法については、Touch ID搭載のホームボタンを搭載しているiPhoneで利用することができる。現状、iPhoneは指紋認証と顔認証を同時に搭載したモデルは発売されていない。

指紋認証で画面ロックを解除できるiPhoneには、ホームボタンが搭載されておりホームボタンの中に指紋認証ユニットであるTouch IDが搭載されている。なお、指紋認証でiPhoneのロックを解除できない場合にはパスコードによるiPhoneの画面ロック解除を行うことができる

【方法③】顔認証を利用する

 iPhoneの画面ロック解除方法として顔認証である「Face ID」を利用する方法がある。このiPhoneの画面ロック解除方法については、Face ID搭載iPhoneのみで利用することができる。現在のiPhoneの主流の画面ロック解除方法である。
 また、iPhoneのアップデートによってAppleWatchを利用していれば、マスクをしていてもFace IDでiPhoneの画面ロックを解除できるようになっており利便性が高い。

Face IDに対応したiPhoneの場合、iPhoneにホームボタンが搭載されていない。ホームボタンが搭載されていないiPhoneにはFace IDが搭載されており、顔認証でiPhoneの画面ロックを解除することができる

【方法④】音声認証を利用する

 iPhoneには裏ワザ的とも言えるかもしれないが、一般的な画面ロック解除方法として音声認証を利用して画面ロックを解除する方法がある。この裏ワザ的な方法については、iPhoneの支援機能であるアクセシビリティ機能を有効にする必要がある。

【iPhone】画面ロック解除の裏ワザ的な方法を解説のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone画面ロック解除】の最新ニュースをいち早くお届けします。