5Gスマホ出荷台数ランキング、王者アップルにまさかの傾向…1位になった企業は?

日本でも着々と普及している5G対応のスマートフォン。市場調査企業のStrategy Analyticsによる発表では、2021年第1四半期(1~3月)における世界全体の5Gスマートフォンの出荷台数は1億3,600万台であることが明らかとなった。全四半期比では6%の伸び率で、特に中国、アメリカ、西ヨーロッパで増加しているという。また、世界で最も急成長したスマホベンダーは、アップルではなく、サムスンとVivoだった。

出荷台数・シェアは共にアップルが1位を死守。だが成長率は……

(Image:8th.creator / Shutterstock.com)

スタイリッシュなデザインや耐久性、持ちやすいサイズ感などが人気のGalaxy s21

 同社の調査によれば、2021年第四四半期における出荷台数の1位はアップルの4,040万台。シェア率は29.8%とトップの座を死守している。以下、2位は中国のOPPOで2,150万台(シェア15.8%)、3位vivoは1,940万台(シェア14.3%)、4位・サムスンは1,700万台(シェア12.5%)と続く。
 だが、成長率に注目してみるとアップルの苦戦が見受けられる。成長率のトップはサムスンで成長率79%と驚異的な伸び率だ。2位はvivoで成長率62%、3位はOPPOで55%と、アジアメーカーの成長は著しい。サムスンは「Galaxy S21」などをフラッグシップモデルとしてリリースしており、韓国・アメリカ・ヨーロッパの一部市場でシェアを広げている。vivoは「iQOO U3」や「iQOO U7」などをリリース、OPPOは「Find X3 Pro」などをリリースする中国のスマホメーカーで、何かと話題となっている。逆にアップルは23%減のマイナス成長。アップルの売上が悪化しているのではなく、全四半期にiPhone12シリーズが予想以上に大ヒットした反動だとStrategy Analyticsは分析しているが、出荷台数のシェア率を落としているのは確か。アップルの求心力が弱まりつつあるのかもしれない。

5Gスマホ出荷台数ランキング、王者アップルにまさかの傾向…1位になった企業は?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidAppleiPhoneOPPOSAMSUNGVivoスマホ出荷台数ランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。