焼き鳥人気の部位ランキング、人気のねぎまが6位と意外、3位砂肝、2位ぼんじり、1位は?

「最もビールと相性の良い食べ物」といっても過言ではない“焼き鳥”。炭火焼の香ばしさと鶏肉のうまみ、部位によって様々な食感が楽しめる焼き鳥は、「もう1本」とつい手が伸びてしまう。そんな焼き鳥の部位は、定番から希少部位までなんと約50種類にものぼるという。硬い部位や柔らかい部位、ジューシーな味わいからさっぱりとした味わいまで千差万別だが、最も人気な部位はどこなのだろうか。

インターネットリサーチメディア・ねとらぼ調査隊は、「好きな焼き鳥の部位」に関するアンケート調査を実施しその結果を公表している。まずは10位から順に見ていこう。

定番のもも・ねぎまは意外にも5位以下に

定番どころはもはや“子どもの食べ物”か?

 ねとらぼ調査隊から発表されたランキングによると、10位に「つくね」、9位に「軟骨」、8位に「もも」、7位に「レバー」、6位に「ねぎま」がランクイン。ももやねぎま、つくねといったファミリー層に人気そうな定番の部位は意外にも低めの順位についた。このあたりの万人ウケする部位は、数多の焼き鳥を食してきた大人たちにとっては“子どもの食べ物”なのかもしれない。
 5位には、独特な歯ごたえが特徴の「ハツ(こころ)」がランクイン。鶏の心臓部分であるハツは、ホルモンの中でも臭みが少ないため食べやすく、栄養も豊富であることから根強い人気を獲得している部位である。そして4位に選ばれたのは、鶏の首周りにあたる「せせり」。頻繁に動かす場所であるため、引き締まっていながらもうまみがたっぷり。噛めば噛むほど口の中においしさが広がる、焼き鳥好きに支持される部位だ。

焼き鳥人気の部位ランキング、人気のねぎまが6位と意外、3位砂肝、2位ぼんじり、1位は?のページです。オトナライフは、【グルメぼんじりランキング焼き鳥砂肝】の最新ニュースをいち早くお届けします。