iPhone 12 miniついに生産終了決定を台湾の調査会社が報告、どうなる小型iPhoneルート!?

2020年に10月・11月と相次いで発売された「iPhone 12」シリーズ。中でも10月に発売された「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は、下旬に発売されたにも関わらず10月の世界販売台数で1位2位を占めるなど高い人気を誇っている。一方で11月に販売された「iPhone 12 mini」は苦戦を強いられている様子が常々伝えられており、「製造中止になるのでは?」ともたびたび報じられていた。そんなウワサの絶えないiPhone 12 miniだが現在、ついにアップルが直々に「生産終了を決定した」という報道が注目を集めている。

iPhone 12 mini、ついに生産終了か?

(Image:ALDECA studio / Shutterstock.com)

同じシリーズのiPhoneでもそのサイズは千差万別だ

 iPhone 12 miniの生産終了を伝えたのは、台湾の市場調査機関・トレンドフォースのレポートだった。トレンドフォースによれば、iPhone 12 miniが他のiPhone 12シリーズと比べて売上が低調だったことを考慮した結果だとしている。しかし皮肉なことに、売れていなかったことでアップルが在庫を大量に抱えているため、生産終了後も新シリーズのリリースが予想されている9月まで品切れの心配は無いようだ。
 また、トレンドフォースはiPhoneの次期シリーズの名称が、「iPhone 13」ではなく「iPhone 12s」となることも予想している。これは“13”という数字が欧米では忌避されやすいことが理由だろうか。実際にアメリカのオンラインマーケット・SellCellの調査でも74%もの人が「『iPhone 13』以外の名称が望ましい」と回答したという。

iPhone 12 miniついに生産終了決定を台湾の調査会社が報告、どうなる小型iPhoneルート!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiPhoneiPhone 12 mini】の最新ニュースをいち早くお届けします。