他人に見られたくない、Google検索やYouTube閲覧の履歴をパスワードをかけて保護する方法

アナタは毎日のようにGoogleで何かを検索をしているだろう。しかし、家族や恋人、会社の同僚などにどんなキーワードで検索したかは、あまり知られたくないはずだ。そんなときはChromeの「シークレットモード」を使えばいいが、YouTubeの場合はどうだろうか? 実は「Google マイアクティビティ」ではGoogle検索とYouTubeの閲覧履歴にパスワードをかけて保護することができる。そこで今回は、Google検索とYouTubeの閲覧履歴を他人に見られないようにする方法を紹介しよう。

Googleの検索履歴にパスワードを設定できるって知ってた?

(Image:myactivity.google.com)

 自分がどんなキーワードで検索したか、Googleの閲覧履歴を他人に知られないようにするには、履歴が残らないChromeの「シークレットモード」を使う方法がある。詳しくは→こちらで確認してほしいが、毎回このウインドウを開くのが面倒くさいと感じる人も多いだろう。そこでおすすめしたいのが、検索履歴にパスワードをかけて保護する方法だ。
 実は、Googleには「Google マイアクティビティ」という機能があり、Web検索、マップ検索、YouTube回覧履歴、Googleアシスタントへの質問などを「activity.google.com」で確認できるようになっている。デフォルト状態だとすべてのGoogleアクティビティが見られるので、Googleアカウントでログインしているスマホやパソコンを誰かと共有すると、履歴がバレバレになってしまうのだ。とくに家庭や会社でパソコンを共有している人は要注意! 
 だが、Google マイアクティビティにはパスワードをかけることができる。これなら、本人以外がアナタの検索履歴を覗き見することはできなくなるというわけだ。

Googleの閲覧履歴にパスワードを設定するには、まずGoogleアプリを起動してGoogleアカウントアイコンをクリックし、「Googleアカウントを管理」を押す(左写真)。次に上部タブで「データとカスタマイズ」を選んで「アクティビティ管理を行う」をタップしよう(右写真)

画面下部にある「マイ アクティビティの認証を管理」をタップ(左写真)、次に「追加の認証を必要とする」にチェックを入れて「保存」を押そう(右写真)

パスワードを求められるので入力すれば完了(左写真)。これでGoogleの閲覧履歴を確認するには、その都度パスワード入力が必要になる(右写真)

他人に見られたくない、Google検索やYouTube閲覧の履歴をパスワードをかけて保護する方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle ChromeYouTubeシークレットモード履歴】の最新ニュースをいち早くお届けします。