ネタバレ「ファスト映画」は違法なのか? これまでの被害推定額956億円相当と判明!

「映画の見どころが簡単にわかる」として、近年YouTubeを中心に流行しているというネタバレ「ファスト映画」。しかしそんなファスト映画界隈で、6月23日に全国初の逮捕者が出た。

現在、若年層を中心に「タイムパフォーマンス」を重視する風潮が流行しているといい、そのウェーブに合わせて映画やドラマの「倍速視聴」などの時短テクニックが世の中全体に広がってきている。ファスト映画も、映画のおおまかな内容を知って自分に合う作品かどうかを確認してから視聴することで、「この映画見て時間無駄にした…」という失敗の確率を低減させる手段のひとつなのだろうか。

ファスト映画投稿で全国初の逮捕者!

(Image:Nicepi / Shutterstock.com)

本来、自分の意見が主で著作物がオマケ程度なら報道、批評の範囲内かもしれないが、、、

 23日に逮捕されたのは男女3人。著作権法違反の疑いでの逮捕だといい、2020年6月から7月にかけて複数の映画を権利者の許可なく編集しファスト映画としてYouTubeに投稿。広告収入を得ていたとされている。

 この事件について、知的財産に詳しい中島博之弁護士は出演したABEMAの『ABEMA Prime』でファスト映画について、「(投稿者の)自分の意見が“主”で引用元の著作物についてはおまけ程度の“従”になっている」「報道・批評の目的の範囲内である」といった場合には、著作権の侵害に当たらないと解説。しかし「勝手に編集した映画の映像を流し、『面白かった』などと最後に10秒くらいで感想を語っている」程度では、主従に分かれているとも報道・批評の目的の範囲とも言えないと指摘。さらにその多くが、投稿者が広告収益を得るために行われている実態を明らかにした。
 また今回の一件についても、逮捕された容疑者は複製権侵害・翻案権侵害・公衆送信権侵害などの罪に問われる可能性があると語っている。

ネタバレ「ファスト映画」は違法なのか? これまでの被害推定額956億円相当と判明!のページです。オトナライフは、【動画・音楽YouTubeネタバレファスト映画】の最新ニュースをいち早くお届けします。